アドバンテック、組込みLinux&Androidアライアンス(ELAA)の設立を発表

Advantech Co.,Ltd.(以下、アドバンテック)は、AIMobile、ArcherMind、Canonical、リネオソリューションズ、Retronix、RTSoft、Timesys、ThunderSoft、Witekioと共に “Embedded Linux&Android Alliance(ELAA)” の設立を発表した。

このアライアンスは、組込みLinuxおよびAndroid OS用のオープンで統一されたアーキテクチャの標準化されたボードの採用を、産業用組込み、およびIoTアプリケーション向けに推進することに取り組むというものだ。ELAAの設立・始動により、業界標準とオープンソースコミュニティーを進歩させ、組込みおよび産業用IoTアプリケーションにおけるLinuxとAndroidの採用を強化していくという。

IHSのレポートによると、異業種ビジネスからの大規模な製品ミックスによる需要は、IoT時代の組込みボード市場にかなりの影響を与えることが予測されている。組込みLinuxおよびAndroidソリューションは、多様化したIoTおよび産業アプリケーションとともに、主要な成長市場を高度に変革することが予測される。

しかし、組込み市場において、ハードウェアとソフトウェアの多様な組み合わせは、設計開発と管理の複雑さをもたらすなかで、LinuxやAndroidベースのソリューション向けのソフトウェアおよびハードウェア側の規格とエコシステムは成熟していない。そこで、Embedded Linux&Android Alliance(ELAA)では、産業用組込みアプリケーション向けに、組込みLinuxおよびAndroid OS用のオープンで統一化されたアーキテクチャの標準化されたボード採用を推進するための体制を整えるという。

ハードウェア&BSPの統一化を目指すELAAメンバーは、エンドユーザーに必要なサポートとサービスを提供するために協力し合う。その中で、統合 hardware&BSPパートナーは、基本的なコアハードウェアプラットフォームとソフトウェア開発キット(BSP)を提供。ハードウェア差別化サービスパートナーは、ハードウェアのカスタマイズと差別化されたサービスのためのキャリアボードとシステムインテグレーションサービスを提供する。

そして、ハードウェア上のあらゆる種類の組込みまたは産業用IoTアプリケーションのニーズを満たすために、上記の2つの層に基づくソフトウェア付加価値サービスパートナーは、顧客の必要とされる組込みLinuxまたはAndroidオペレーティングシステムの開発、および顧客のアプリケーション向けに差別化されたソフトウェアの開発を支援する。ELAA会員が顧客に提供したいエコシステムの価値は、市場投入までの時間短縮、開発リスクの最小化、ソフトウェアの大量提供、および周辺機器との互換性の向上だという。

現在、ELAAはバリューチェーンに10の創立メンバーを擁している。

  • 統合 hardware&BSPパートナー:アドバンテック、AIMobile
  • ハードウェア差別化サービスパートナー:Advantech、Retronix、ThunderSoft
  • ソフトウェア付加価値サービスパートナー:AIMobile、ArcherMind、Canonical、リネオソリューションズ、Retronix、RTSoft、ThunderSoft、Timesys、Witekio

さらに、いくつかのプロトタイプモデルがELAAのリソースを活用して統合されている。
アドバンテック、組込みLinux&Androidアライアンス(ELAA)の設立を発表

アドバンテック、組込みLinux&Androidアライアンス(ELAA)の設立を発表
ELAAソリューションは、2つのAdvantech i.MX6プラットフォーム
Qseven ROM-DK7421およびRTX ROM-DK3420をベースとしている。

【関連リンク】
ELAA(Embedded Linux&Android Alliance)
アドバンテック(Advantech)
AIMobile
ArcherMind(诚迈科技)
カノニカル(Canonical)
リネオソリューションズ(Lineo Solutions)
Retronix
RTSoft
Timesys
サンダーソフト(Thundersoft)
Witekio

Previous

ボッシュ、クルマが自ら学習し適切なアクションをとる、AIを搭載した自動運転用のオンボードコンピューターを発表

エスキュービズムの飲食店向けIoT「ヌードー(noodoe)」、ランドロイド・カフェに導入

Next