Sassorが、経済産業省が実施する「大規模HEMS情報基盤整備事業」への参加

インターネットプロダクト、ウェブサービス、人工知能などをIoT(Internet of Things)領域で開発する株式会社Sassor(は、経済産業省が実施する「大規模HEMS(※)情報基盤整備事業」において、消費者の電力利用データからの見える化と節電アドバイスを生成するレコメンドエンジンの提供で参画する。

このレコメンドエンジンは、IoTデータの分析システムを用いてHEMSデータの分析からユーザーのライフスタイルや属性・行動を割り出し、日々変化する適切な節電アドバイスを与えることを可能とする人工知能技術を活用した先進的な取り組みとなっており、またそれを外部サービスでも利用できるようAPIとして提供。

※HEMSとは
「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略

 

・大規模HEMS情報基盤整備事業について
本事業は民間主導によるHEMSの普及促進と、一般家庭での経済性の高いエネルギー管理実現を目的として、東日本電信電話株式会社、KDDI株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社、パナソニック株式会社の 4 社を幹事企業とするコンソーシアム「iエネ コンソーシアム」が 採択を受け、各社連携のもと進められている。全国約 1 万 4 千世帯のモニターに対して HEMS を導入し、各家庭の電力データを一元的にクラウド管理する情報基盤システムを構築。家庭から収集する電力関連データを利活用するためにAPIの標準化等を行い、仕様の異なる複数のHEMSから円滑に情報を集約。これにより、HEMSデータ利活用事業者の利便性を向上させ、HEMSデータ利活用サービスの開発を促進する。
URL: http://www.ienecons.jp

・関連リンク
株式会社Sassor

Previous

STマイクロエレクトロニクスとARM、中国でエレクトロニクス業界の若手エンジニアを育成

Google がIoT用OS「Project Brillo」を発表

Next