エーエムジャパン、IoT導入を加速させるマルチキャリア対応LTE通信モジュールを発売

エーエムジャパン株式会社は、NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIのLTEネットワークで利用できる通信モジュール「AMx570シリーズ」を発売する。

「AMx570シリーズ」は、AM Telecom Co., Ltd.が製造。M.2タイプの「AMM570」、PCI Mini Expressタイプの「AMP570」、LGAタイプの「AML570」をラインナップしており、全てが国内3キャリア(NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI、MVNO含)に対応。また、高速通信のCategory4と低消費電力のCategory1とに切替えて使用することが可能だという。同モジュールを組込むことによる導入効果は以下の通り。

  • 開発費低減
    キャリア毎に新規に開発する必要がなく開発費用削減につながる。
  • 在庫リスク低減
    キャリア毎に在庫を有する必要がなく、最適な在庫で運用できる。
  • 標準コネクタ
    M.2、PCI Mini Express、LGAの各種インターフェースを準備しており、組込み機器に合わせたタイプを選択できる。

※利用するエリアによって最大通信速度が異なる。また、ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合がある。

【関連リンク】
AM Telecom
NTTドコモ(NTT docomo)
ソフトバンク(SoftBank)
ケイディーディーアイ(KDDI)

Previous

ヴイエムウェア、IoTインフラ管理ソリューションを発表

NVIDIA、AI都市実現に向け、エッジからクラウドまで対応したMetropolisビデオ分析プラットフォームを発表

Next