TOYOTA、歩行者も検知する衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」をピクシスエポックに搭載

TOYOTAは、軽乗用車のピクシスエポックをフルモデルチェンジし、全国のトヨタカローラ店、ネッツ店、一部のトヨタ店、トヨペット店を通じて本日5月12日に発売した。アクセル操作に対するエンジンの反応を良くしたことで、発進や追い越し時の加速性能が向上。日常の買い物や通勤等の移動手段として、ストレスのない走りを実現したという。

また、安心・安全機能も強化。歩行者にも対応(※)する緊急ブレーキや、オートハイビームなど先進安全機能を進化させた衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を搭載。

TOYOTA、歩行者も検知する衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」をピクシスエポックに搭載

室内空間では、ドライビングポジションや頭上の圧迫感を改善しながら大人4人がしっかり乗れるスペースを確保。さらに、登録車では一般的なスイッチ式のバックドアオープナーを全車に標準装備したという。ビジネスユーザー向けには、荷室のデッキボード表皮にポリ塩化ビニルを採用した「ビジネスデッキボード」を標準装備するBグレードを新設定。汚れが付きにくくなったことに加え、後席を倒して荷物を載せる際の段差が縮小し、利便性が向上した。

※対歩行者は時速30~50キロ(速度差約30~50キロ)で検知可能

【関連リンク】
トヨタ(TOYOTA)
ピクシスエポック(PIXIS EPOCH)

Previous

富士通九州システムズと藤井電工、スマート安全帯ソリューションを共同開発

Doog、追従運搬ロボット「サウザー」のIoT対応、完全自動運行機能の開発を開始

Next