ラトックシステムと汎建大阪製作所、腕時計型端末で作業状況と実績を管理するIoT現場管理システム「WorkWatch」開発

ラトックシステム株式会社と株式会社汎建大阪製作所は、腕時計型端末で作業状況と実績を管理するIoT現場管理システム「WorkWatch」を共同開発、2017年6月下旬に出荷開始する。

同製品は、作業者が装着する「腕時計型端末」、壁などに取り付ける「SubGiga-Bluetoothゲートウェイ」、ゲートウェイからのデータを受信する「SubGigaホストアダプター」、データ管理、グラフ表示、報告書出力をおこなう管理者用「Windowsアプリケーション」からなるシステムセット。作業員は腕時計型端末ワークウォッチで予定出来高数を受信、作業の開始時と終了時にボタンを押して管理者へ通知する。管理者はPCで各工程の進捗確認や作業員の動態・安全確認をおこなう。

作業進捗のリアルタイム監視、作業実績を基にした生産計画、非効率な箇所の洗い出し、作業スペースの安全性向上など、さまざまな現場の実情を把握することが可能になるという。また、同製品で進捗表示板や電子アンドンの機能を果たすことも可能(特許出願済)。システム全体で、作業員112名まで管理することができるとしている。
ラトックシステムと汎建大阪製作所、腕時計型端末で作業状況と実績を管理するIoT現場管理システム「WorkWatch」開発

基本セットは、ホストアダプター1台、ゲートウェイ1台、腕時計型端末10台。拡張セットは、ホストアダプター1台、ゲートウェイ2台、腕時計型端末20台。さらにオプションを追加することで、1台のゲートウェイに腕時計型端末を16台まで、1台のホストアダプターにゲートウェイを8台まで増設できる。

「WorkWatch」の特徴は以下の通り。

  • 製造・建築現場の生産性・安全性を向上
    ・生産計画と実績をPCで管理して分析
    ・腕時計型端末で作業員へ通知・進捗を収集
    ・作業者の行動や環境を把握し安全性を向上
    ・ゲートウェイに目標値と出来高を表示
    ・管理棟と作業棟は最大1km(見通し)で通信可能
  • 柔軟なシステム構成が構築可能
    ・WorkWatch基本セットと拡張セットを用意
    ・1台のゲートウェイに端末16台まで接続可能
    ・1台のホストにゲートウェイ8台まで接続可能
    ・最大16工程の製造ラインを7ラインまで設定可能

「WorkWatch」のセットの価格は以下の通り。

  • WorkWatchシステム基本セット
     型番:REX-WoW01-Ba
     価格:¥588,000(税別)
  • WorkWatchシステム拡張セット
     型番:REX-WoW01-Ex
     価格:¥988,000(税別)

※いずれも別途専用アプリケーション(Windows対応)年間ライセンス費 60,000円(税別)が必要

【関連リンク】
ラトックシステム(RATOC Systems)
汎建大阪製作所(Hanken)
WorkWatch(ワークウォッチ)

Previous

KDDIと沖縄セルラー、家族や自宅の状況把握、家電の遠隔操作が行える「au HOME」の提供開始

米クアルコム、スマートホーム用のメッシュネットワークを発表

Next