デロイト トーマツと日立、テレマティクスサービス「D-rive GO」を提供開始

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社(以下DTRS)、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下DTC)、および株式会社日立製作所は、共同開発した自動車の運転特性データを提供するテレマティクスサービス「D-rive GO」(ディーライブゴー)の提供を2017年7月5日より開始した。

「D-rive GO」は、日立がIoTプラットフォーム「Lumada」を活用して構築したテレマティクス基盤に、デロイトUSで実績のある運転評価アルゴリズムを日本向けサービスとしてDTRSがカスタマイズし搭載しており、それによりスマートフォンを通じて収集した自動車の走行データからドライバーの運転特性を診断・評価する。さらに今後は、DTRSの運転評価アルゴリズムに日立のAIを取り入れ、より精度の高い診断を実現するという。

DTRS、DTCと日立では、まずは日本の保険会社を対象に、走行距離や運転特性に応じて保険料を算出するテレマティクス保険向けサービスとして「D-rive GO」を提供する。さらに、保険会社以外の分野においても、デロイト トーマツ グループのインダストリー知見を活用し、安全運転や燃費向上による環境への貢献等、テレマティクス利用が見込まれるサービスの拡充とグローバル展開を図り、3年以内に「D-rive GO」アプリ利用者100万人の獲得をめざすという。

「D-rive GO」の日本への導入にあたり、デロイトUSが有する海外でのテレマティクス保険向けサービスの豊富な提供実績と、日立が有する国内外でのテレマティクス基盤・サービスの運用実績を組み合わせるとともに、DTRSのアルゴリズムと日立のAIを用いることで、高いユーザビリティや拡張性を持ち、セキュアなサービスの提供を実現するという。なお、DTRSと日立は、すでに日本の保険会社と「D-rive GO」に関する実証実験を重ねており、その高い性能が確認されている。

テレマティクスサービス「D-rive GO」の概要

「D-rive GO」はスマートフォンを活用したテレマティクスサービスだ。スマートフォンのGPS、加速度センサー等で収集した運転データを、クラウド環境で解析して運転の特徴を安全運転スコア化し、また過去の走行記録により走行地域の危険度を判定する。保険会社はこれらのデータを活用することにより、保険加入者の運転の質に応じたインセンティブ等の提供が可能となるという。

アプリの全ユーザーの運転情報を解析し、スマートフォンにフィードバックすることで、急ブレーキの多い箇所等を危険度表示し、ドライバーの安全運転への意識を高めることができるという。ただし、アプリ利用には運転対象となる自動車へのビーコンの設置が必要。

Android 4.4以上、iOS8以上で利用可能だが、すべての端末の動作を保証するものではないようだ。

「D-rive GO」の活用可能場面

DTRS、DTC、および日立は、第一ステップとして、「D-rive GO」の、保険加入ドライバーの評価を目的としたテレマティクス保険への活用をめざすという。また次のステップとして、トラックやタクシーをはじめとした運送業界全般における会社の安全運転管理への活用を想定している。アプリによるドライバーの安全運転意識の向上を通じ、従業員の事故割合の軽減や、燃費効率向上に伴う経費削減、さらには環境への貢献につなげる方針だ。

想定される主な利用方法は以下の通り(保険会社向け以外)。

  • 地方自治体 / 地域道路における利用者の運転動向を考慮した道路の保全やルート改善
  • 運輸関連企業 / エコ運転や安全運転の見える化を通じたエネルギーコスト低減および安全管理
  • B to B企業 / 安全運転やルート利用の把握により社員の安全管理および車両の適正利用の推進

【関連リンク】
「D-rive GO」
デロイト トーマツ リスクサービス(DTRS)
デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)
日立(HITACHI)

Previous

スカイロボット、赤外線サーモグラフィカメラの映像をゴーグル型IoTディスプレイで見る「Boson/スカイスカウタ―IR」発売

日産リーフ、駐車操作のすべてを自動制御する「プロパイロット パーキング」を搭載

Next