洋服をこすって電話をかける

先日行われたGoogle I/Oにおいて、「プロジェクトジャガード」というプロジェクトが紹介された。

GoogleとLivi’sの共同開発で、デニムにセンサーを埋め込み、デニムを擦ることでスマートフォンを操作することができるというデモンストレーションだ。

JAQUARD

The VERGEのDieter Bohnが実際に、ATAPの会場で試している。

参照記事:Touch-sensitive fabric and tiny radar chips: hands-on with Google’s ridiculous new tech

このほかの技術についても触れているが、実際に触ってみたくなる。

Googleの公式動画より、見やすく撮影してくれているので、ぜひ原文を見てみてほしい。

 

下は、Google ATAPの動画だ。

Previous

競合乱立の本命となるか?IoT社会を実現するSigFoxの技術

無線モジュールのバッテリーレス化が可能になる、スプレーコーティングがすごい!

Next