安川情報システム、クラウドサービス「MMCloud」に接続できる機器を認定する「MMCloud Ready」プログラム開始

安川情報システム株式会社は、同社が提供するクラウドサービス「MMCloud」に容易に接続できる機器を認定する「MMCloud Ready」プログラムを2017年8月1日から開始する。現場でデータ収集を行う機器からの「MMCloud」への接続を簡易化し、クラウド連携という価値を付与することで、IoT市場への参入を検討する機器ベンダーを後押しするという。また、同社はIoT市場の中でエコシステムを強化すると発表した。

「MMCloud Ready」認定によって機器ベンダーは下記のことが可能になるという。

  • クラウドサービス連携機器としての提案が可能
    IoTクラウドサービスに簡単に接続でき、手軽にIoTシステムの実現ができる機器として、提案が可能になる。
  • 海外対応が可能
    グローバルなIoT活用に対応した同社IoTソリューションとの連携により、海外展開希望の顧客への提案も可能。
  • 今後のIoT価値拡大
    IoTデータの更なる活用を促進している同社IoTソリューションと連携することで、今後同社が展開する様々なサービスとの連携が可能になる。それにより、自社開発を伴わずに、製品価値を高めることができる。

「MMCloud Ready」認定取得のためには、「MMCloud」との通信ができるよう、同社が定める接続手段のうち、1つ以上に対応する必要がある。そのために、機器に組み込むドライバー等の開発が発生する。

同社が提供する「MMCloud」はIoTで必要となる機能を標準搭載したIoTプラットフォーム。「MMCloud」に接続するだけで、機器の稼働監視や稼働状況分析、移動体監視、アラーム通知などの機能をクラウドから使用することができる。イニシャルコストを抑えることが可能な、スモールスタートに適したサービスとして、効果を見ながら段階的にシステムを展開できるという。

なお、同プログラムスタートにあたり、3メーカの製品を「MMCloud Ready」製品として認定した。

メーカ名 製品名 製品概要
センチュリーシステムズ株式会社 FutureNet MA-E300シリーズ 小型のLinuxアプライアンスサーバ
各種通信モジュール内蔵が可能なエッジコンピュータとして、センサネットワークの構築と携帯網への接続を1台で行える。
株式会社デジタル GP4000シリーズ
SP5000シリーズ
マルチ・データボックス
Pro-face IoT Gateway
プログラマグル表示機/データ収集機器
各社制御機器との高い接続性、豊富なラインナップを有しているため、顧客の要望にフレキシブルに対応。
株式会社 日立産機システム CPMonitor 複数入出力端末装置
豊富なインタフェースを一台に集約しており、多様なセンサからのデータ取得を容易に実現。

【関連リンク】
安川情報システム(YASKAWA INFORMATION SYSTEMS)
センチュリー・システムズ(CENTURY SYSTEMS)
デジタル(Digital Electronics)
日立産機(Hitachi Industrial Equipment Systems)

Previous

NEC、ジョージアに顔認証を活用した街中監視システムを提供

アルプス システム インテグレーション、アルプス電気のセンサネットワークモジュールを活用したIoTスターターパック「IoT FastKit」提供開始

Next