ソフトバンクがファーウェイ、エリクソン・ジャパンの2社と5Gの商用サービスに向けた実証実験に関する契約を締結

ソフトバンク株式会社は、華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ)およびエリクソン・ジャパン株式会社(以下、エリクソン)と、それぞれ4.5GHz帯を使用した5Gの商用サービスに向けた実証実験に関する契約を締結した。

ソフトバンクは、5G向け候補周波数帯の実験局免許を2016年8月に取得し、5G要素技術を実装した実証実験装置を用いた超高速ブロードバンド通信、超低遅延通信などの検証を実施している。

今回のファーウェイおよびエリクソンとの契約において、Massive MIMOの商用環境での運用経験とこれまでの実証実験で得た結果を活かし、過密な都市部においてさらに高度なビームフォーミング技術や空間分割多重技術を用いて快適な通信を提供するための実証実験などを新たに実施する予定だ。

なお、すでにZTEコーポレーションおよびノキアソリューションズ&ネットワークス株式会社とも、4.5GHz帯を利用した都市部での5Gの実証実験に関する契約を締結している(詳細はこちら)。

【関連リンク】
ソフトバンク(SoftBank)
ファーウェイ(Huawei/華為技術)
エリクソン(Ericsson)

Previous

JellyWare、HTML/JavaScriptのみでBLEアプリケーション開発ができる「BlueJelly」を公開

エルムスユナイテッド動物病院グループがタイグリスを100%子会社化、AI、VR/AR、遠隔治療等による獣医療技術向上へ前進

Next