Rockchipが最小電力のWiFiを発表 IoT電力消費を85%軽減しBT 4.0 LEと同等に

RockchipはCOMPUTEX Taipeiで、サードパーティーと共同開発した世界で最も電力消費が少ないWiFiテクノロジーRKi6000を発表した。このテクノロジーはWiFi電力消費をBluetooth 4.0 LE(Low Energy)と同水準に抑える。受信時に使用する電力消費は約20mAであり、インターネット・オブ・シングス(IoT)向けの最新鋭WiFiデバイスよりも85%少ない。これは、IoTスマートハードウエアのWiFi電力消費の世界規格更新につながる電力消費レベルの基準を設定する。

RKi6000の電力はBluetooth 4.0 LEと同水準であり、コイン電池を使ってIoTでWiFiを利用することが可能である。製品サイズを大幅に縮小でき、わずかなサイズと電流を使用して多くのアプリケーションでWiFi技術を利用できる。

IoTスマートハードウエアの重要なコネクティビティー技術であるWiFi技術は、半導体企業から大きな注目を浴びている。BT/ZIGBEE規格と比較すると、WiFiは最も使い勝手がよいものとして認められているが、大きなWiFi電力消費が電流制限のあるポータブルデバイスで使用する際の障害となっている。RKi6000は電力消費を軽減し、以下の方法でBT LEの電力消費と同水準に抑えることができる。

RFトランシーバー・アーキテクチャーの改善。このアーキテクチャーはデータ連続送信の際、IoTスマートデバイスの使用電力消費を大幅に軽減することができる。超低電力は、使用およびスタンバイの両モードで可能である。この技術に関して数多くの国際特許を申請してきた。

適応ダイナミック電力コントロール技術。電力効率がさまざまな稼働モードで最適化され、総電力消費はチップの電力設定をダイナミックに調整することで適切なエネルギー効率が達成され、多様なアプリケーション・シナリオで大幅に軽減される。RKi6000はホストプロセッサーを起動しなくてもデバイスをオンライン状態に保つことができる。これは、起動時間を短縮するので、アプリケーション電源コントロール設計を簡略化できる。デバイスは、大半のIoTアプリケーションでスリープモードになり、必要な際に再起動することになっており、起動時間の短縮は電力消費をいっそう軽減するとともにバッテリー寿命を延ばす。

RFアーキテクチャーに基づくWiFiはIoTやウエアラブル・デバイスでは広く使用することはできない。RKi6000は低電力消費であり、スマート・ウエアラブルデバイス、消費家電、メインストリーム・アプライアンス、ホームセーフティー、オートメーションシステム、自動車、医療機器など幅広く利用される。これらのスマートデバイスは標準的なWiFiインフラストラクチャーと容易にネットワーク接続が可能になるメリットがあり、これによってアプリケーション開発費用を大幅に縮小し、スマートハードウエアの商用化をスピードアップできる。

▽Rockchipについて
Rockchipは中国の大手ファブレス半導体企業で、2015年にGoogle、インテル、ARMなどの国際的な大企業を含むパートナーと完全なエコシステムを構築することに成功した。このエコシステムは、パソコン、通信製品、タブレット、OTTボックスを対象としており、IoTテクノロジーの開始によってRockchipは世界のIoTおよびスマートハードウエア市場の方向性を設定できる。

ソース:Rockchip

Rockchip Launches Lowest Power WiFi, Reducing IoT Power Consumption by 85%, Equal to BT4.0 LE

PR60711

FUZHOU, China, June 1, 2015 /PRN=KYODO JBN/ –

Rockchip has announced at COMPUTEX Taipei that it has launched the world lowest
power WiFi technology RKi6000 jointly developed with a third party. This
technology makes WiFi power consumption equal to that of BT4.0 LE (Low Energy).
The receiving power consumption is around 20mA during use, which is 85% lower
than state-of-the-art WiFi devices for the Internet of Things (IoT), setting a
benchmark power consumption level that should renew the standard for WiFi power
consumption in IoT smart hardware globally.

The power of RKi6000 is comparable with that of Bluetooth4.0 LE and it is
possible to use WiFi with coin cell batteries in IoT. The size of products can
be greatly reduced and the WiFi technology can be used in more and more
applications with limited sizes and currents.

As a key connectivity technology of IoT smart hardware, WiFi technology
receives a lot of attention from semiconductor companies. When compared with
BT/ZIGBEE standard, WiFi is accepted as the most convenient, however the high
power of WiFi still prevents it from being used on portable devices with a
current limit. RKi6000 can reduce the power consumption and make it equal to BT
LE’s in three ways:

Improvement of RF transceiver architecture. The architecture can greatly reduce
the active power consumption of IoT smart devices during continuous data
transfer. Ultra low power can be achieved both in work and standby mode. Dozens
of international patents have been filed for this technology.
Adaptive dynamic power control technology. Power efficiency is optimized in
different working modes and the total power consumption is reduced greatly in
different application scenarios by adjusting the chip’s power configuration
dynamically so that better energy efficiency can be achieved.
RKi6000 can keep the device online without waking up the host processor. It can
reduce the wake up time and simplify the application power control design.
Since for most IoT applications, the device should be kept in sleep mode and
turned back on when needed, the reduction of wake-up time further lowers the
power consumption and extends battery life.
WiFi based on traditional RF architecture cannot be used extensively in IoT or
wearable devices due to its problems with power consumption. With much lower
power, RKi6000 will be widely applied in smart wearable devices, consumer
electronics, mainstream appliances, home safety, automation systems,
automobiles and medical equipment. Those smart devices can benefit from the
easy network connection with standard WiFi infrastructure which can greatly
reduce the cost of the application development and speed up the smart hardware
commercialization.

About Rockchip

As a leading fabless semiconductor company in China, Rockchip has successfully
built the complete eco-system in 2015 with partners including international
giants like Google, Intel and ARM. The eco-system covers the area of PC,
communication products, tablets and OTT-Boxes and the launch of IoT technology
will enable Rockchip to shape the global IoT and smart hardware market.

SOURCE Rockchip

Previous

IoTアンブレラで、二度と傘をわすれない

スマートフォン向け無料カーナビアプリ「ナビロー」、iPhone/iPad向けに本日提供を開始

Next