国交省の自動運転サービス実証実験、2回目は熊本県の道の駅「芦北でこぽん」で実施

国土交通省は、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所で順次、実証実験を行う計画だ(詳細はこちら)。

今回、栃木県栃木市の「にしかた」に次ぐ全国で2番目の実証実験(西日本では初めて)を、道の駅「芦北でこぽん」(熊本県芦北町)で9月30日か~10月7日の日程で実施する。

なお、今回の実験ではヤマハ発動機(株)が開発した7人乗りカートタイプ(小型自動車登録)の車両を用いる。国交省によると、同タイプの車両としては全国初の公道での自動運転走行になるという。

国交省の自動運転サービス実証実験、2回目は熊本県の道の駅「芦北でこぽん」で実施

道の駅「芦北でこぽん」における主な検証項目は以下のとおりである。

国交省の自動運転サービス実証実験、2回目は熊本県の道の駅「芦北でこぽん」で実施

【関連リンク】
国土交通省(MLIT)

Previous

RenovoとArgus、モビリティオンデマンド市場に向けたサイバー・セキュリティー対策で提携

IoT人気記事ランキング|「コネクティッドホーム アライアンス」設立、オムロンと日建設計、人の数を高精度に検出するサーモパイル型人感センサーを開発、東京電機大学へ1,000台納入など[9/13-9/19]

Next