東京大学やNECなど、産学連携でデータサイエンス人材を育成する「UTokyo MDSコンソーシアム」を設立

東京大学数理・情報教育研究センター、NEC、三井住友フィナンシャルグループ、新日鉄住金ソリューションズの4者は、データサイエンス人材育成のためのUTokyo MDSコンソーシアム(東京大学数理・データサイエンスコンソーシアム)を本年10月1日付で設立する。会長にはNEC執行役員の西原基夫氏が就任する。

産業界ではIoTやビッグデータ、AIなどの技術革新が進展する中で、デジタルデータを経営資源として活用し、新産業・新サービスの創出や社会的課題の解決に役立てようとする動きが活発化している。しかし日本では、データを分析し課題解決に役立てられる人材、データサイエンティストの不足が現状としてある。

データサイエンス人材の育成は急務であり、特に実社会で現実の問題解決に取り組む人材が必要だ。

そのような環境の下、東京大学は平成29年政府予算に盛り込まれた「数理・データサイエンス教育の強化」事業の一環として数理・情報教育研究センターを本年2月に設置。産業界から数理・情報教育研究センターの活動を支援するとともに、産学連携の成果を産業界の発展に活用するなどの産学連携の推進母体として、UTokyo MDSコンソーシアム(東京大学数理・データサイエンスコンソーシアム)の設立に至った。

同コンソーシアムでは、産業界の要望をとりまとめながら、データサイエンス分野において以下の取り組みを実施する予定だ。

  1. 社会人へのリカレント教育プログラムの共同検討
  2. 実社会で活躍する人材の育成に役立つ教材(分析ツールやデータ)やインターンシップ機会の提供
  3. トップクラス研究者との交流
  4. 社会課題解決のための議論の場の設定
  5. 共同研究/技術指導のマッチング等、複数のプログラム

まずは当該分野の社会的リテラシー向上のため社会人向け教育プログラムを産学で開発し、来年度より実施していくという。

【関連リンク】
東京大学数理・情報教育研究センター(Mathematics and Informatics Center, University of Tokyo)
日本電気(NEC)
三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)
新日鉄住金ソリューションズ(NS Solutions)

Previous

トヨタ自動車、Toyota Research Institute, Inc.における自動運転技術等の開発について進捗状況を公表

KDDIとJR東日本、列車走行中ならびに駅ホームでの「5G」通信の実証実験を開始

Next