「IoT×過疎地域 最先端の技術で最先端の課題に挑む」学生向け夏期インターン開発合宿の開催

サイファー・テック株式会社(本社:徳島県海部郡美波町、代表取締役社長:吉田基晴、以下 サイファー・テック)は、徳島県美波町に開設したクリエイティブオフィス「美波Lab(みなみラボ)」を舞台に、IoT(モノのインターネット)の力で地 域課題の解決を目指す夏期インターン「IoT開発合宿 in 美波Lab」を開催すると報じた。

「IoT開発合宿 in 美波Lab」は、IoT開発に興味がある学生向けに企画立案から開発までを体験させ、一般応募の中から選出した10名程度の大学生・大学院生が集い、徳島県美波町を舞台に、急速な過疎化など直面する地方の課題解決に繋がるIoTデバイスを共同で企画・開発する合宿型の夏期インターンシップ研修だ。

参加者の企画・開発には、開催地である徳島県美波町役場の関係者、同町で地域振興活動に熱心に取り組む皆さん、農作業や狩猟をはじめとした地域住民の皆さんとの交流を通じて見聞を深めた上で、各自の能力を活かした共同作業でIoTデバイスを創り上げる。インテル株式会社は、本合宿に協力し、講演や、イ ンテルEdison モジュールで最適に動作するIoTデバイス開発のための技術指導などを行う予定である。

■開催主旨
少子高齢化や過疎化の急速な進行は、地方そして日本の大きな社会問題になっている。その要因の一つとして地元での就職難による若者の都市部への流出等 が挙げられるが、企業の都市集中は通信インフラにより理論的には解消でき、特にIT業界は地域を問わず事業展開することが可能であることが、サテライト オフィスによって実証されている。そこでサイファー・テックは、「IT×地方×若者×企業」の組み合わせが、地域が抱える課題の解決に向けた鍵になると考え、2012年度から徳島県美波町にて夏期インターン体験合宿を毎年開催している。

■開催概要
期間:2015年8月5日(水)~8月13日(木)(9日間)
場所:サイファー・テック株式会社「美波Lab」(徳島県海部郡美波町恵比須浜字田井266番地)
主催:サイファー・テック株式会社
協力:インテル株式会社
後援:「四国の右下」若者創生協議会(徳島県、美波町)

■募集概要
(1) 募集対象:「IoT」「プログラミング」「電子工作」「地域貢献活動」に興味がある大学生・大学院生・高専生
(2) 募集人数:10名程度(面接により選考)
(3) 参加費用:無料(但し、自宅−羽田間の交通費は自己負担)  ※宿泊・3食付
(4) 募集期間:定員に達し次第終了
(5) 応募フォーム:http://goo.gl/forms/6tMvQyw6HG

■参考情報
2014年の開催概要

「IoT×過疎地域 最先端の技術で最先端の課題に挑む」学生向け夏期インターン開発合宿の開催
2014年は首都圏の大学生・大学院生を中心に8名のメンバーが参加。美波町は南海トラフ巨大地震による津波被害が想定される地域であり、日常的に防 災・減災活動に取り組んでいるものの、「外出時に津波が起こった際、どこに避難すればいいのかわからない」という課題を地域の方から聞いたことをきっかけに「避難路巡礼アプリ『ヒナンロおへんろ』」を開発した。
(※)同アプリは起動とともに現在地と美波町内の最寄りの避難場所をマップ上に表示し、 避難場所をゴールと仮定して、現在地から避難場所までの移動時間を津波到達時間と比較することで、津波避難を擬似体験することができる。

※)2014年度は「アプリ開発合宿」として地域課題を解決するAndroidアプリを開発。
2014年度「アプリ開発合宿」の詳細はこちら
http://www.cyphertec.co.jp/news/20140821.html

美波Labについて
「美波 Lab」では“半×半 IT”(“×”は各々の趣味)をテーマに、職場と自然が近接する環境を最大限に活かして、 農作業・サーフィン・釣り・狩猟など社員個人の趣味活動と、技術開発などの業務とを両立させるワークスタイルの実 現を図るとともに、また過疎化の進む同地域での学校教育への支援や住民への ICT 利活用講座の開催、お祭りやイベントへの参加、地域防災活動などさまざまな地域交流活動にも積極的に参加している。

サイファー・テック株式会社について
設立:2003年2月
本社所在地:〒779-2303 徳島県海部郡美波町恵比須浜字田井266番地
事業内容:電子著作物保護システム・情報漏えい防止システムの開発、販売 /ゲームアプリのチート対策支援
URL:http://www.cyphertec.co.jp/

Previous

自動車ファイナンスの与信審査を不要にする遠隔制御IoTシステムの開発

COMPUTEX TAIPEI 2015 総括編

Next