BlackBerryとQualcomm、コネクテッド・カーの車載プラットフォーム提供に向け、戦略的提携を拡大

BlackBerryとQualcommの子会社であるQualcomm Technologiesは本日、次世代コネクテッド・カーに対応した車載プラットフォームの開発と生産に関する戦略的提携を発表した。

非独占的な提携関係の一環として、両社は今回、BlackBerryのQNXソフトウェアを利用し、Qualcomm Technologies社の特定のハードウェアプラットフォームを最適化することで合意した。

対象用途には、仮想コックピット・コントローラー (VCC)、e-CallやセルラーベースのC-V2X技術、電子制御ゲートウェイ、デジタルインスツルメントクラスタ、インフォテイメント・システムなどが挙げられる。

さらに、車載プラットフォームを迅速かつ高いコスト効率で提供するという、両社の取り組みを後押しするものとして、両社は、特定のQualcomm Snapdragonモデムでの利用を対象に、BlackBerryの無線 (OTA) ソフトウェアとBlackBerry のセキュアな認証マネージメント (Secure Credential Management; SCM) サービスを最適化する点でも合意した。

【関連リンク】
ブラックベリー(BlackBerry)
クアルコム(Qualcomm)

Previous

ルネサスとDiboticsが協業、低消費電力のLiDARソリューションをR-Carで実現

デンソー、米国のスマートキーベンチャーInfiniteKey社を買収 、幅広いモビリティサービスを視野に

Next