スマートホーム「MIRAI ZEH-NEO」の販売を開始、アキュラホーム

木造注文住宅を手がける株式会社アキュラホームは、IoTとAIを活用した住環境を提供する「MIRAI ZEH‐NEO(ミライ ゼッチ‐ネオ)」を2018年1月より販売すると発表した。

同製品は、太陽光発電7.25kWを搭載したZEH(ネットゼロエネルギーハウス)仕様に加え、IoTとAIによる住環境を実現するものだという(外観イメージ:冒頭画像)。本体価格は1,840万円(税込)~だ。

MIRAI ZEH‐NEO ―快適で安全な暮らしを提供

暮らしで使用する電気エネルギーが実質ゼロの住宅として期待される”ZEH”には、外気温の影響を受けにくく、高い省エネ効率で快適な生活が送れるほか、災害時でも電気、水を確保できるなど、メリットが多く想定されている。

アキュラホームの「MIRAI ZEH‐NEO」では、太陽光発電7.25kWを標準搭載し、さらにオール電化住宅、省令準耐火構造とすることでZEH仕様の住まいを期間限定特別仕様で販売するものだ。

耐震性能においては、構造計算の義務付けがない住宅においても、全棟構造計算を実施することで、安全な住まいを提供するという。

MIRAI ZEH‐NEOのAI+IoT機器の紹介

「MIRAI ZEH‐NEO」には、以下のような様々なIoT・AIサービスが含まれる。

  • スマートスピーカー:家事の最中などでも、音声で様々な家電を操作できる。
  • マルチセンサー:室内の温度・湿度を管理。家族の在宅管理にも活用できる。
  • ネットワークカメラ:外出中でも室内のペットの様子などを見守ることができる。
  • マルチリモコン:外から照明や家電をコントロールできる。

また、窓やドアが開いたことをスマホに通知することで、子供が帰宅したことが確認できたり、外出先でもスマホから映像と音声で来客応対ができるなどの機能もあるという。

ホームIoTサービス「with HOME」について

アキュラホームは、2018年1月よりKDDIが提供するホームIoTサービス「with HOME」を採用する予定だ。

ホームIoTサービス導入展示場一覧

以下19の住宅展示場で、実際に同社が提供するホームIoTの一部を体験することができるという。

熊谷営業所営業所(埼玉県)、川越営業所(埼玉県)、さいたま新都心営業所(埼玉県)、新越谷営業所(埼玉県)、小平営業所営業所(東京都)、八王子第二営業所(東京都)、横浜北営業所(神奈川県)、小田原営業所(神奈川県)、市川営業所(千葉県)、千葉北営業所(千葉県)、土浦営業所(茨城県)、浜松営業所(静岡県)、名古屋営業所(愛知県)、岡崎南営業所(愛知県/オカザキホーム)、伊丹営業所(兵庫県)、明石営業所(兵庫県)、岡山営業所(岡山県)、こころ営業所(広島県)、福山営業所(広島県)

【関連リンク】
「MIRAI ZEH‐NEO(ミライ ゼッチ‐ネオ)」詳細
アキュラホーム(AQURAHOME)
KDDI「with HOME」詳細

Previous

IoTの真価は協創によるイノベーション ーIoTパートナーコミュニティフォーラム レポート1

KDDI・ゼンリン・富士通、 自動運転向け「ダイナミックマップ」の実証実験を開始

Next