KDDI、コラボモデルによるホームIoT「with HOME」を1月30日より提供開始

KDDIは、コラボレーション型ホームIoTサービス「with HOME」を、本年1月30日より提供開始する。

「with HOME」は、ホームIoTサービス「au HOME」を多業種のパートナー企業と共同で企画、開発するコラボレーション型ホームIoTサービスだ。基本利用料を月額490円とし、「with HOMEデバイス」を購入することで利用できる。

「with HOME」は、スマートフォンと「with HOMEデバイス」を活用し、外出先からでも自宅の鍵・窓の開閉状況や、家族やペットの状況が確認できる「あんしん」、家電の操作や電気使用量の確認ができる「べんり」、さらには、自宅にいる家族とのコミュニケーションや、Googleの音声アシスタントを搭載したスマートスピーカー「Google Home」と連携した「たのしい」サービスをプラットフォームとして、パートナー企業へ提供する。

これにより、au以外の顧客もKDDIの提案するホームIoTサービスを利用できる。

「with HOME」のパートナー企業は下記の12社だ(50音順)

・株式会社アキュラホーム
・株式会社飯田産業
・株式会社いろは
・株式会社シーファイブ
・JAHBnet ※主宰:株式会社アキュラホーム(全国の工務店・ビルダーによるネットワーク)
・中部テレコミュニケーション株式会社(ctc) ※
・株式会社テソロ
・鳥取ガス株式会社 ※
・ナイス株式会社 ※
・ナイスコミュニティー株式会社
・伏見管理サービス株式会社
・ビッグローブ株式会社
※2018年2月以降提供開始予定

with HOMEの詳細はこちら↓

auのホームIoT、「au HOME」のサービス内容拡充、多業種とのコラボレーション「with HOME」も同時リリース

【関連リンク】
with HOME紹介ページ

Previous

事例にみる可視化と予知保全のメリット ―製造業のデジタル化において今やるべきこと【第1回】[Premium]

IoT人気記事ランキング|スマート工場EXPOレポート、レジのいらないコンビニ「Amazon Go」など[1/22-1/28]

Next