KDDI、エリクソンと共同で4.5GHz帯を用いた「5G」実証実験を開始

KDDI株式会社は、エリクソン・ジャパンと共同で、2018年2月2日より、東京都新宿区および愛知県一宮市にて4.5GHz帯を用いた次世代移動通信システム「5G」の実証実験を開始した。

今後28GHz帯に加え、4.5GHz帯を用いた実証実験を実施していくという。

KDDIとエリクソンは、2015年11月25日に5Gの技術進化を促進するための基本合意書(MoU)を締結し、東京都新宿区および愛知県一宮市において28GHz帯を用いた実証実験を実施してきた。

愛知県一宮市では、28GHz帯における5G単体実験のほか、5Gから4G LTEへの切り替え、4G LTEから5Gへの切り替えを行い、端末と基地局間でのデータ通信の継続実験に国内で初めて成功したという。

KDDIは、今後も屋外実験エリアを活用し、5Gの周波数帯候補である4.5GHz帯および28GHz帯を用いて、5Gを活かした様々なユースケースを想定した実証実験をパートナー企業とともに実施する予定だ。

【関連リンク】
ケイディーディーアイ(KDDI)
エリクソン(Ericsson)

Previous

ダイキン、空気・空間のデータを活用した協創プラットフォーム「CRESNECT」を開設

ポラリスとパナソニック、自立支援介護プラットフォーム構築に向けた実証実験を開始

Next