サイバーステーション、手のひらサイズのサイネージ「デジサインStick」新モデルを発売

デジタルサイネージメーカーのサイバーステーション株式会社は、2016年4月より販売しているクラウド型デジタルサイネージシステム(以下、デジサイン)の廉価モデル「デジサインStick」の新モデル「デジサインStick」(MDL02)を本年3月26日より発売すると発表した。

裏面キーボード付の多機能なリモコンを標準添付し、性能アップ・セキュリティの強化・設定のしやすさを追求したモデルだ。希望小売価格は49,800円(税別)。

同社は、多様化するデジタルサイネージ市場において、顧客の声を製品作りに反映し、商品ラインナッップの充実を図っている。

今回発表する「デジサインStick」新モデルは、1台からの導入(スタンドアロン利用)も「簡単」に「安価」にでき、「機能」や「保証」を充実させるなど、コストパフォーマンスを追求したモデルとなっているという。

また、これまで通り「デジタルサイネージの複数拠点の遠隔コントロールや監視」などにも対応している。

標準機能は以下の通りだ。

  1. 3つの機能を搭載した「多機能リモコン」を付属でセットアップがスムーズに。
  2. 国内製品の採用により保証も安心。
  3. なめらかテロップの採用。
  4. ディスプレイの電源に連動した、デジサインStickの電源ON/OFF機能。
  5. 安心のセキュリティと暗号化。
  6. 最大3年の長期保証に対応(オプション)
  7. 専用マウンター金具によりきれいに取り付け、防犯対策にも対応(オプション)

デジサインSaaS・パッケージを契約した機能は以下の通りだ。

  1. ネットワーク利用による複数拠点での端末管理、遠隔監視、コンテンツ自動更新機能
  2. デジタルサイネージモード(時間・連続自動再生)、アーカイブモード(コンテンツを選択して再生)の2種類の再生が可能。
  3. システム自動アップデート機能。

【関連リンク】
デジサイン

Previous

駅構内での安全性向上・駅係員負荷軽減を実現するロボットを使った実証実験を開始、アースアイズ

ラトックシステム、Raspberry Pi用デジタル入出力ボードを発売

Next