キーサイト・テクノロジーズ、韓国のKT社と5Gで協業

キーサイト・テクノロジーズは、5G の商用展開を加速するため、韓国の通信事業者である KT Corporation(以下、KT)と 5G New Radio(以下、5G NR)テクノロジーおよび 4G アドバンストの開発を連携する覚書(MoU)を締結したことを発表した。

この MoU の締結により、KT のトライアルおよび商用化展開の計画を支援し、5G NR と 4G アドバンストのテクノロジー開発に関する両社間の協力体制を強化する狙いだ。

キーサイトは、5G NR テクノロジーの開発や 5G インフラのテスト、およびサブ 6 GHz/ミリ波バンドの端末試験に関する指針と知見の共有を予定している。

キーサイトの専門知識に基づいて OTA(Over the air)およびミリ波ビームフォーミングの校正テスト手法が開発され、KT がその手法を使って関連するテスト手順を開発することになる。

両社は協力して、5G NR テスト/測定ソリューションの評価時間の短縮を図る。ソリューションには、市場初の 5G ネットワークおよび端末向けエミュレーションソリューションが含まれ、その規模はエコシステムでの初期の研究開発テストから、配備時点でのデバイスとネットワークの検証テストと性能試験にまで及ぶという。

KT には、キーサイトの 5G NR ソフトウェアソリューションを使用すると、製品デザインサイクル全体でシミュレーション、信号作成、解析の機能を利用できるという利点もある。

さらに、マルチバンド、マルチキャリアアグリゲーション、高次 MIMO を含む同社のアドバンスト 4G 構成のソリューションにより、KT の 4G から 5G へのより円滑な移行実現を目指す。

【関連リンク】
キーサイト・テクノロジー(Keysight Technologies)
ケイティ(KT/케이티)

Previous

ネットワンシステムズ、ヤマザキマザックの製造業向けIoTソリューションを技術支援

センスウェイ、Web登録でLoRaWANが使えるプラットフォーム「Senseway Mission Connect」を提供開始

Next