アトムシステム、スマートフォンをIoTゲートウェイ化する製品を販売開始

株式会社アトムシステムは、2018年4月13日、スマートフォンをIoTゲートウェイとして活用するIoT製品「スマホIoTゲートウェイ」(特許出願中)の提供を開始した。

スマホIoTゲートウェイはエッジコンピューティングを想定した製品。CPU8コア、メモリ3GのAndroid機を採用し、豊富な端末リソースにより、センサー情報をクラウドサービスに送信する前に処理し、クラウドリソースの使用量を最適化することを目指している。

「スマホIoTゲートウェイ」の主な特長は以下の通りだ。

  • センサーデータを各種クラウドまで中継するIoTゲートウェイ機能(※1)
  • スマートフォンの画面にてセンサーの動作状況が即座に把握可能
  • スマートフォン標準の無線形式(Wi-Fi BLE)に対応
  • ドングル使用によりEnOcean(※2)等の無線形式に対応(対応形式は順次増加予定)
  • スマートフォンの豊富なリソースを用いたエッジコンピューティング
  • マルチクラウド対応(AWS ※3、Azure ※4)
  • サーバー側からゲートウェイやセンサーのセキュアな管理機能

アトムシステムでは、今回の「スマホIoTゲートウェイ」の提供を皮切りに複数IoTサービスの開発・販売を予定。さらに、海外現地法人(Atom AP Limited.:バングラデシュ、Atom AP Sdn.Bhd.:マレーシア)を通じてIoTサービスの東南アジアへの展開も予定しているという。

※1 オンプレミスについては今後対応予定。
※2 EnOceanは、EnOcean社の提供する、エナジーハーベストに強い無線規格。
※3 AWSは、Amazon Web Services, Inc.が提供するクラウドコンピューティングサービスの総称。
※4 Azureは、Microsoft社が提供するクラウドコンピューティングサービスの総称。

【関連リンク】
「スマホIoTゲートウェイ」
アトムシステム(Atomsystem)

Previous

スタートトゥデイ、中期経営計画の達成にむけ「3つの革命」を推進

AWSのエッジでの制御を実現する産業向けソリューション ーハノーバーメッセレポート12

Next