ぷらっとホームのIoTゲートウェイが「Azure IoT Edge」に対応、インテリジェントエッジを推進 —第7回IoT/M2M展レポート【Original】

ぷらっとホーム株式会社は、5月9~11日に東京ビッグサイトで開催された「第7回IoT/M2M展 春」にて、マイクロソフトのブースに出展。「Azure IoT Edge」に対応した、IoTゲートウェイ用ソフトウェア「FW3.1」(5月9日より発売)を披露した。

ぷらっとホームのIoTゲートウェイ「OpenBlocks」シリーズ

ぷらっとホームのIoTゲートウェイ「OpenBlocks」の特長のひとつは、耐久性だ。2016年に開始した伊丹市の子ども・高齢者見守りサービスでは、BLEビーコン受信器として「OpenBlocks IoT EX1」を市内1,000箇所に設置。約2年経った今も、全台故障なく稼働しているという。

Linux OSに対応した、同社最新のIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2」(トップ写真・左)は、LTE/3G通信やIoT向け通信技術LPWAのひとつである、LoRaWANにも対応。64bitのCPU、Atom Processor E3805(1.33GHz、デュアルコア)を搭載し、内臓ストレージは32GB、RAM 2GBだ。

軽量であることも特長(筐体重量:約160 g)。実際に製品を持ってみたところ、予想以上に軽いと感じた。

同社はさらに、マイクロソフトのWindows OSに対応した「Windows 10 IoT Enterprise」搭載IoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2/W」(トップ写真・右)をリリースし、今年の2月から販売している。

ぷらっとホームは、Microsoft Azureと連携した、エッジでのシームレスなIoTソリューションをいち早く導入してきたのだ。

「Azure IoT Edge」対応ソフトウェア「FW3.1」を発売

ぷらっとホームのIoTゲートウェイ、「Azure IoT Edge」に対応 —第7回IoT/M2M展レポート【Original】
ぷらっとホームの管理画面「OpenBlocks IoT」。「Azure IoT Edge」ともシームレスに連携できる。

そこで今回、マイクロソフトがIoTエッジコンピューティング支援ソフトウェア「Azure IoT Edge」を推進していることにあわせ、Linux対応の「OpenBlocks IoT VX2」でも「Azure IoT Edge」が利用できるファームウェア「FW3.1」を発表した。5月9日より販売が開始されている。

FW3.1ではDockerコンテナに関する機能を強化。従来のファームウェアの基本機能に加え、Dockerコンテナの追加削除・起動停止などのDockerマネジメント管理機能や、マイクロソフトの「Azure IoT Edge」管理機能を追加している。

「Azure IoT Edge」のマネジメントをWeb UI上で行い、データのリアルタイム分析を行う「Azure Streaming Analytics」や機械学習を行う「Azure Machine Learning」といったデータ処理を、OpenBlocks IoT(上の写真)上で実行することができる。

ぷらっとホームのIoTゲートウェイ、新たに「Azure IoT Edge」に対応 —第7回IoT/M2M展レポート【Original】
OpenBlocks IoT Familyのアーキテクチャ図(出典:ぷらっとホーム株式会社)

ぷらっとホームのアーキテクチャである「Plat’Home Data Handling Module System(PDHMS)」とAzure IoT Edge間のデータ連携も可能。例えば、センサーからテータ取得を行うアプリケーション「PD Handler」のデータを、「Azure IoT Edge」で解析することもできるのだ。

ぷらっとホームのIoTゲートウェイ、「Azure IoT Edge」に対応 —第7回IoT/M2M展レポート【Original】
マイクロソフトは、「第7回IoT/M2M展 春」の同社ブースでプレゼンを行い、「インテリジェントエッジ」のコンセプトを説明。「Azure IoT Edge」の概要についても紹介した。

Azureのクラウドサービスをエッジデバイス側で実装する「Azure IoT Edge」。マイクロソフトは、5月7日にシアトルで開催したデベロッパー向けカンファレンス「Build 2018」で、あらためてAIとエッジ・コンピューティングの重要性を語り、「Azure IoT Edge」の機能を大幅にアップデートしていく意向を示したという。

ぷらっとホームが提供するような「インテリジェントエッジ」の取り組みに、今後も注目していきたい。

【関連リンク】
IoTゲートウェイ用ソフトウェア「FW3.1」詳細
マイクロソフト、エッジとクラウドのAIを開発する新しいテクノロジを発表

Previous

IoT人気記事ランキング|レノボ・ジャパン留目氏インタビュー、ハノーバメッセ2018でメーカーがAzure Sphereに注目すべき理由など[5/7-5/13]

AI技術群「NEC the WISE」でできること、異常データのいらない機械学習の仕組み —第7回IoT/M2M展レポート

Next