救急自動通報システム「D-Call Net®」の運用を全国規模に拡大

認定NPO法人救急ヘリ病院ネットワーク(以下HEM-Net)、トヨタ自動車株式会社、本田技研工業株式会社、および株式会社日本緊急通報サービス(HELPNET)は、2015年11月から試験運用を実施してきた救急自動通報システム「D-Call Net®」について、このほど協力するドクターヘリ基地病院に加えて、全国約730か所の全消防本部に車両の死亡重症確率データを伝達する体制を整備し、本格運用を開始した。

また、試験運用開始当初、9道県で10病院(ヘリ9機)であった協力病院は現在では31道県42病院(ヘリ37機)となった。これは全国で61あるドクターヘリ基地病院(基幹連携病院を含む)の約7割に相当する。今後は協力病院の更なる拡大を図るとともに、病院へのデータ配信方法についても順次改良を加えていくことにより、より効果の高いシステムに進化させていくという。

更に、HELPNETに加え、新たなサービス・プロバイダーとして、ボッシュサービスソリューションズ株式会社、株式会社プレミア・エイドが、D-Call Net®に参画し、サービス開始に向け準備する。

D-Call Net®は一般的にAACN(Advanced Automatic Collision Notification)と呼ばれる、車両のコネクティッド技術を活用した救急自動通報システムの一つで、交通事故発生時の車両のデータを国内の事故データ約280万件をベースとしたアルゴリズムに基づき自動で分析、死亡重症確率を推定する。消防本部及び協力病院に通報することにより、ドクターヘリやドクターカーの早期出動判断につなげ、交通事故での救命率向上を目指している。

D-Call Net®実働訓練

協力病院は以下のとおり。

医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院(北海道)
旭川赤十字病院(北海道)
市立釧路総合病院(北海道)
釧路考仁会記念病院(北海道)
市立函館病院(北海道)
秋田赤十字病院(秋田県)
山形県立中央病院(山形県)
岩手医科大学付属病院(岩手県)
公立大学法人 福島県立医科大学附属病院(福島県)
前橋赤十字病院(群馬県)
埼玉医科大学総合医療センター(埼玉県)
日本医科大学千葉北総病院(千葉県)
君津中央病院(千葉県)
信州大学医学部付属病院(長野県)
長野県厚生農業協同組合連合会 佐久総合病院(長野県)
新潟大学医歯学総合病院(新潟県)
長岡赤十字病院(新潟県)
富山県立中央病院(富山県)
山梨県立中央病院(山梨県)
岐阜大学医学部付属病院(岐阜県)
聖隷三方原病院(静岡県)
愛知医科大学病院(愛知県)
済生会滋賀県病院(滋賀県)
三重大学医学部付属病院(三重県)
伊勢赤十字病院(三重県)
和歌山県立医科大学付属病院(和歌山県)
公立豊岡病院組合立豊岡病院(兵庫県)
川崎医科大学附属病院(岡山県)
山口大学医学部付属病院(山口県)
広島大学病院(広島県)
県立広島病院(広島県)
徳島県立中央病院(徳島県)
愛媛県立中央病院(愛媛県)
愛媛大学医学部付属病院(愛媛県)
久留米大学病院(福岡県)
佐賀大学医学部附属病院(佐賀県)
佐賀県医療センター好生館(佐賀県)
国立病院機構長崎医療センター(長崎県)
大分大学医学部付属病院(大分県)
宮崎大学医学部付属病院(宮崎県)
鹿児島市立病院(鹿児島県)
浦添総合病院(沖縄県)

Previous

2018上半期のコネクテッド・カーのトレンド(前編)

ZMPと日の丸交通、東京都『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』に採択

Next