YE DIGITAL、MujinのAGVと倉庫自動化システム「MMLogiStation」を連携

株式会社YE DIGITALは、物流倉庫の自動化促進に特化した倉庫自動化システム「MMLogiStation」を提供している。

「MMLogiStation」は、メーカを問わず主要な自動化設備の連携用の作業パーツを、「作業オペレーションデザイナー」上で使用できるプラグインとして提供している。

また、倉庫内の作業オペレーションを細かい作業パーツとして提供。「作業オペレーションデザイナー」上でこれらの作業パーツを並べることで、業務手順の確認を行うと同時に、自動化設備や機器を用いた人の作業といったオペレーションを、管理・制御可能なWES(倉庫実行)システムを生成する。

YE DIGITAL、MujinのAGVと倉庫自動化システム「MMLogiStation」を連携
「MMLogiStation」のシステム構成図
 
そしてYE DIGITALは本日、株式会社Mujinの提供するAGV(無人搬送車)と、「MMLogiStation」を連携する取り組みを開始したことを発表した。

今回の連携で、MujinのAGVを「MMLogiStation」のプラグインで倉庫に導入することができ、工程間搬送を自動化する。(リリースは2022年8月予定)

YE DIGITAL、MujinのAGVと倉庫自動化システム「MMLogiStation」を連携
「MMLogiStation」自動化設備のラインアップ(連携予定)

なお、YEデジタルは、保管設備および仕分け設備についても、2022年内リリースに向けた準備を行っている。さらに今後、協業パートナーを募り、メーカを問わずに「MMLogiStation」と連携可能な自動化設備も含めて、倉庫全体の自動化を推進していくとしている。