おもちゃクリエイター 高橋 晋平氏が人生を賭ける鳩時計『OQTA HATO(オクタ ハト)』があたたかい

企業:

生活の中に入り込むテクノロジーを様々なテーマで考える新企画、「ライフテック」のコーナー。なるべくデジタルとは遠いビジネスをされている方にIoTNEWS代表の小泉が対談を依頼し、生活の中にテクノロジーがどう入っていくべきかを模索する。

第5回目の今回は、株式会社ウサギ 代表取締役/おもちゃクリエイター 高橋 晋平氏と、株式会社アールジーン 代表取締役/IoTNEWS 代表 小泉耕二が対談した。

バンダイで人を笑わせるおもちゃを作り続けた

小泉: 高橋さんは有名ですが、知らない方のために自己紹介お願いします。

高橋: 僕の職業はおもちゃクリエイターです。経歴としては、10年勤めたバンダイで、ずっとギャググッズを作ってました。10年間で一番売れたものでいうと、ずっとプチプチできるキーホルダー『∞(むげん)プチプチ』があります。

小泉: 知ってます!流行りましたよね。

高橋: たとえば、ガシャポンというカプセルトイで、猫背のネコの『猫背』というフィギュアも作りました。これは、パソコンのところに置いておいて、それを見たら「やべっ」と思って猫背を治すという反面教師です。僕が猫背なので、自分の肩コリを直したいなと思って作りました。

ほかにも、『3億円』という6分の1スケールの3憶円のフィギュアを作ったり、バンダイとは思えない商品ばかり作ってました。変なモノを作るヤツ、ということにさせていただいたというのはありがたい話です。

そして2014年に株式会社ウサギを作って、今に至ります。もともと僕のルーツとして、人を笑わせたいと強いモチベーションがあるので、「なにかウケるネタないかな?」と常に探しながら作っています。起業してからは、おもちゃやモノに限らず、遊びやゲーム要素をいろんなものに入れていきたいと思っています。

次ページ:独立後につくった『民芸スタジアム』『グーチョキパーダラピン』『アンガーマネジメントゲーム』

Previous

IoT人気記事ランキング|マイケル・コース、ブランドのアイコン的ウォッチ“ランウェイ”のスマートウォッチを発売など[8/13-8/19]

近畿大・豊田通商・マイクロソフト、養殖稚魚の選別をAIとIoTで効率化

Next