テラデータ、JSONデータのクエリー・パフォーマンスを加速し、 ビジネスの俊敏性を向上 ― ビジネスユーザーがWebアプリケーション、センサー、IoT接続機器から生成されるデータを最大限に活用し、他のビジネス・データと統合することが可能に ―

米国カリフォルニア州サンディエゴ発 ― ビッグデータ分析とマーケティング・アプリケーションを扱う、テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は、ビジネスユーザーがJava Script Object Notation(JSON)データから、より迅速に洞察(インサイト)を引き出せるよう支援するため、3種類の主要なJSONデータ形式をそのまま単一 のデータベースに保存し、クエリーの実行パフォーマンス高速化する、業界初の機能を発表した。

このTeradataデータベースの強化機能により、ビジネスユーザーは、Webアプリケーション、センサー、モノのインターネット(IoT: Internet of Things)の接続機器から生成されるJSONデータをビジネスで最大限に活用することが可能になる。

これにより、テラデータの顧客企業は、「さまざまな形式のデータに対して最も有効なBSON(Binary JSON)形式で保存されたJSONデータ形式」、「数値データ向けに最適化されたUBJSON(Universal Binary JSON)形式」、また「以前から発表されているテキスト・データ向けJSON形式」の3種類のデータ形式から選択できるようになった。
これら3種類のJSON格納形式をビジネス・ニーズやデータ属性に応じてシームレスに組み合わせ、クエリーのパフォーマンスをより高速化することができる。パフォーマンスの高速化により、TeradataデータベースがIoT分析のハブとなることで、オペレーショナル・データ、履歴ビジネス・データと共に、JSONデータの分析能力が向上する。

顧客事例を紹介する。

あるプリンターメーカーは、サービス要件を追跡するために顧客のオフィスに設置されたプリンターから基本的なセンサーデータを収集している。Teradataデータベース内でそのセンサーデータを格納、分析することで、このプリンターメーカーは自社の分析能力を大幅に向上することができる。プリンターを操作する上で発生するセンサーデータと顧客の状況、コールセンターの状況、マーケティングの過程を組み合わせることで、企業はビジネス・オペレーションの理解を深めることができる。さらに、顧客への新製品の提案力を強化し、製 造プロセスの改善にもつながる。

この機能は、第2四半期末までにTeradata Database 15.10に対応する予定だ。

関連リンク:
●Teradata Magazine – Monetize the Internet of Things, JSON Turns a Flood of Data into Business Actions and Results(IoTの収益化 – JSONがデータの洪水をビジネス行為と結果に変える)
http://www.teradatamagazine.com/v14n02/Tech2Tech/Monetize-the-Internet-of-Things/

 

●日本テラデータウェブサイト内 プレスリリース
http://jpn.teradata.jp/press/2015/20150611.html

●本プレスリリースの原文: Teradata News Room
http://www.teradata.com/News-Releases/2015/Teradata-Accelerates-JSON-Data-Query-Performance-for-Improved-Business-Agility/

 

■Teradata Corporationについて
テ ラデータ・コーポレーションは、顧客企業がデータ活用から、競合他社よりもより多くの価値を引き出すことを支援している。テラデータのビッグデータ分析 ソリューション、統合マーティング・アプリケーションまた専門家チームから構成される優れたポートフォリオは、顧客企業にデータ活用から持続可能な競合優位性を推進する。
http://www.teradata.com/

 

■日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社は、テラデータ・コーポレーションの日本法人だ。統合データウェアハウス、ビッグデータ分析ソリューション、マーケティング・アプ リケーションおよび関連サービスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供している。
http://www.teradata.jp/

 

* Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標。

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]日本テラデータ株式会社
[部署名]マーケティング統括部
[担当者名]広報担当 榊(さかき)
[TEL]03-6759-6151
[Email]japan-pr@teradata.com

Previous

ネイマール Jr.選手を起用したプロモーション「ネイマール目線」を全世界で展開

ボタンを押すだけで商品が注文できる「お届けビーコン」

Next