KDDIと白馬村、5G活用した除雪車支援の実証試験を実施

長野県白馬村とKDDI株式会社は、立命館大学と金井度量衡株式会社の協力のもと、除雪作業の課題解決に向け、次世代移動通信システム「5G」を活用した除雪車支援の実証試験を本日から実施した。

同試験では、5Gを活用して、除雪車の運転席に設置した5Gタブレット上に、積雪のない夏場の状況写真を表示。雪の下に埋もれているマンホールや縁石などの道路構造物に注意しながら、迅速かつきれいな除雪作業が行える除雪車支援システムの実証を行う。

なお、同試験は、総務省の5G総合実証試験の一環として実施される。

【関連リンク】
立命館大学(RITSUMEIKAN UNIVERSITY)
金井度量衡(Kanai)

Previous

東京海上日動と日立が協創開始、IoTとAIによる予兆診断技術活用の製造現場向けソリューションを提供

クオリカ、データ経営の実現に向けたIoTプラットフォーム「Bellonica」提供開始

Next