クアルコムの5G「スマホ」の今、これから拡がる「非スマホ」の5G対応 ーMWC2019バルセロナレポート2

5Gのインダストリー向け対応

クアルコムは、インダストリー向けの対応にも積極的だ。

ボッシュとの産業IoT領域における5G活用の共同研究を開始することも発表している。

セルラー通信の基本性能に加え、高信頼・低遅延や、直進性の強い電波など5Gならではの特性を活用したプライベートネットワーク構築のサポートもしていくという。

例えば、工場内だけの5Gネットワークを構築し、全ての機器が遅延なく同期、連動して作動することも可能となるというのだ。

またロボティックス向けの5Gプラットフォーム「RB3」では、高信頼・低遅延はもちろん、高速なスループットによる遠隔視野の確保を実現し、タイムラグの無い遠隔操作も可能にしていくという。

クアルコムの5G「スマホ」の今、これから拡がる「非スマホ」の5G対応
非スマホ領域の5G対応が5GのWhat’s nextであり、今後の注力領域に

クアルコムでは、様々なデバイスや用途で5Gが利用可能となるモデムやSoCなどのプラットフォーム開発に取り組んでいる。

5G通信には、ネットワーク環境の構築、価格面や通信料金など、課題はあるが、個々のデバイスが「自立して通信」できることが「未来の当たり前」になるべきだと感じた。