KDDI・Scrum・永和システムマネジメント、アジャイル企画開発手法「スクラム」の導入サポートを行う合弁会社を設立

アジャイル企画開発手法として普及している「スクラム」は、顧客からのフィードバックに基づき計画と開発を短い期間で繰り返し、新しい機能を次々とリリースしていくイノベーション手法であり、近年日本企業においても5GやIoT、AIなどを既存ビジネスに取り込み、デジタルトランスフォーメーションを実現する手法として需要が高まっている。

このほど、KDDI株式会社とScrum Inc.、株式会社永和システムマネジメントは、法人顧客へスクラムの導入支援を行うため、合弁会社であるScrum Inc. Japan株式会社を設立した。

3社は、2017年1月に業務提携を行い、以降共同でScrum Inc.認定資格セミナーの開催およびスクラムコーチの派遣を行い、トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社など日本企業のスクラムの導入をサポートしてきた。

今回新たに体制を強化し、Scrum Inc.認定資格セミナーの開催、スクラムコーチの派遣、コンサルティング等を行うことで、スクラム導入による日本企業のイノベーションの実現を加速していくとした。

Scrum Inc. Japanは2019年1月29日に設立し、2019年4月から事業開始予定。設立当初の資本金は7,500万円で、出資比率は51%:44%:5% (KDDI:Scrum Inc.:永和システムマネジメント)を予定している。

Previous

NECとマクロミル、AIや生体情報を活用したインサイトマーケティングサービスを共同開発

トプコン、スマート農業分野でヤマハ発動機と協業

Next