住信SBIネット銀行と日立、AI審査サービスを提供する新会社「Dayta Consulting株式会社」を設立

住信SBIネット銀行株式会社と株式会社日立製作所(以下、日立)は、AI審査サービスを提供する合弁会社であるDayta Consulting株式会社(デイタ・コンサルティング)を設立した。社名にある「Dayta」は、「day(日々)」と「data(実績)」に由来している。

Dayta Consultingは、稀な事象の発生を予測する日立の人工知能「Hitachi AI Technology/Prediction of Rare Case」と、住信SBIネット銀行のデータハンドリング技術・ノウハウを組み合わせることで、地域金融機関をはじめとした金融機関に対し、AI審査モデルで算出した個別ローン案件のPD(※1)を金融機関に提供するサービスや、AI審査サービスを利用する金融機関に対する与信戦略策定の支援等を行う。

AI審査サービスは、まず住宅ローンを対象に2019年10月からの提供開始を予定しており、今後、カードローンやトランザクション・レンディング(※2)等、対象範囲の拡大を検討していく。

※1 Probability of Defaultの略。債務不履行の確率。
※2 財務情報を元に借入条件(借入可能額および借入利率)を決定する従来の融資形態ではなく、日々の取引データを元に借入条件を決定する融資形態。

【関連記事】
住信SBIネット銀行と日立、AI審査サービスを提供する合弁会社設立

Previous

Armとパイオニア、AIを活用した交通事故予測モデルの開発推進を発表

エヌエスティ・グローバリスト、「トイレ使用状況モニターサービス」をリリース

Next