IoT人気記事ランキング|DLLAB 2019 基調講演など[6/24-6/30]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 ディープラーニングの社会実装を阻むものは何か ─DLLAB 2019 基調講演

6月8日、東京都内にて「DLLAB 2 周年イベント ディープラーニングの社会実装を阻むものは何か?」が開催された。
→詳細はこちら

2位 大津市、MaaSによる比叡山への交通ルート一本化構想 ―スマート・モビリティ・チャレンジ・シンポジウム・レポート1

地方の過疎化・高齢化が進む現在、解決すべき重要課題が交通だ。
→詳細はこちら

3位 自然言語処理のAIエンジン「KIBIT」のしくみと活用事例 ―FRONTEO取締役CTO 武田秀樹氏インタビュー

「自然言語処理」とは、私たちが普段使っている言葉(自然言語)を解析する人工知能(AI)の技術だ。用途としては、「翻訳」や「チャットボット」などがよく知られている。しかし、「自然言語処理」とひとくちにいっても、技術はすべて一緒ではない。求められるアルゴリズムは用途によってさまざまであり、AIエンジンの強みも異なってくる。
→詳細はこちら

4位 中国版スマートホームは当たり前化目前か 激化するプラットフォーム覇権争い -CES Asia 2019レポート2

今年で5回目となるCES Asia 2019、去年から米国CESでも垣間見えるGoogle VS Amazonのスマートホーム用プラットフォーム争いの構図が、中国版に様相を変えて激化している。
→詳細はこちら

5位 福井県永平寺町、郵便局を拠点としたデマンド型運行に取り組む―スマート・モビリティ・チャレンジ・シンポジウム・レポート2

新しいモビリティーサービスの社会実装に挑戦し、地方の移動課題および地域活性化に挑戦する地域や企業に対し、経済産業省と国土交通省が支援を行う「スマートモビリティチャレンジ」。
→詳細はこちら

6位 中国で社会実装され始めた5Gのユースケース ーMWC上海2019レポート1

今年も、上海で通信業界の展示会である、MWC2019上海が開催された。
→詳細はこちら

7位 つくば市、NEC等とブロックチェーン及び顔認証技術とマイナンバーカードを活用したインターネット投票を実施

茨城県つくば市では、革新的な技術やアイディアで社会課題を解決する、Society 5.0の社会実装に向けた実証実験を全国から募集し、優れた提案を全面的にサポートしている。その最終審査で、ブロックチェーン及び顔認証技術とマイナンバーカードを活用したインターネット投票を8月下旬から実施すると発表した。
→詳細はこちら

8位 NECと仙台白百合女子大学、大分県のKDBデータを活用して糖尿病性腎症の発症影響因子をAIで分析

大分県では、1人当たり医療費が全国的に高い水準にあり、県民の健康寿命延伸と健康増進が重要な課題となっている。とりわけ県医療費の約3割を占める生活習慣病、中でも人工透析の約4割を占める糖尿病性腎症の早期発見・支援、重症化の予防が急務となっている。
→詳細はこちら

9位 Preferred Networks、石油精製プラントのAI活用でJXTGグループと共同研究を開始

株式会社 Preferred Networks(以下、PFN)とJXTGグループのJXTGエネルギー株式会社は、石油精製プラントの最適化・自動化に関する共同研究を開始した。PFNの深層学習技術を活用することで、大規模且つ複雑なプラント設備の自動制御による最適化と、エネルギー資源の効率的な利活用を目指しており、将来的には、PFNの持つマテリアルズ・インフォマティクス技術を活用した材料開発も行う予定だ。
→詳細はこちら

10位 総務省・経産省・国交省、「公的データ提供要請制度」を活用できるデータ共有事業にShipDCを初認定

2018年6月6日に施行された生産性向上特別措置法では、産業競争力強化や社会的課題の解決に向けたデータ利活用を促進するため、オープンデータ政策の一環として、公的データ提供要請制度が創設された。同制度は、革新的データ産業活用の計画について認定を受けた事業者であってデータの安全管理基準への適合についても認定を受けた者は、協調領域のデータを共有する事業を行うにあたって、国等が保有するデータの提供を要請できる制度である。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

群馬県前橋市、自家用車依存社会から公共交通主体の社会へ転換を目指すMaaS構想―スマート・モビリティ・チャレンジ・シンポジウム・レポート4

Social Area Networks、カード型IoTデバイスで屋内外の位置情報をシームレスに測定するシステムソリューションを開発

Next