KDDI、3Dホログラムなど法人向け5G対応ソリューションを発表

2019年9月2日、KDDIは映像を使った法人向け5G対応ソリューションの提供を、2020年3月より順次開始することを発表した。記者会見場では提供予定のソリューションのデモンストレーションも行われた。

カメラとAI解析によるソリューション

会見に登壇したKDDI・ビジネスIoT企画部長の原田圭悟氏によれば、今回提供を行うソリューションは大きく3つあるという。

KDDI、法人向け5G対応ソリューションの提供開始を発表
KDDI・ビジネスIoT企画部長の原田圭悟氏

1つ目はカメラとAI解析によるソリューション。主に小売や公共交通の分野において、滞在時間の分析や乗客ホームの転落検出、踏切侵入検出といった場面でカメラから得た情報をAIによって解析させる、というサービスである。

KDDI、法人向け5G対応ソリューションの提供開始を発表
AI解析によるカメラソリューションのデモンストレーション。人物を認識し、性別・年齢判断の結果を映し出していた

設備構成は下記の図のように、カメラで取得した映像情報をゲートウェイに一旦送る。そしてゲートウェイから5G通信によってクラウド上に送られ、AIによる解析が行われ、その結果がフィードバックされる。AIエンジンについては利用シーンごとに用意しているという。

KDDI、法人向け5G対応ソリューションの提供開始を発表
カメラとAI解析によるソリューションの構成図

クラウドを利用する点については「ローカル設置のサーバを無くすことで、店舗の売り場スペースを取らないようにする」というメリットをKDDI・原田氏は述べた。

次ページは、「属性に合ったコンテンツを表示するIntelligent Display

Previous

NTTレゾナント、「goo botmaker」でAIチャットボットサービス「日本酒コンシェルジュAI朱鷺椿」を開始

アステリアと仙北市、IoTセンサーを使用した「温泉地ガス検知アプリ」の実証実験を開始

Next