トヨタ、自動運転EV「e-Palette(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)」の詳細を発表

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)で使用されるAutono-MaaS(※1)専用EV「e-Palette(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)」の詳細を公表した。東京2020大会では、トヨタ初のAutono-MaaS専用EVとしてe-Palette(東京2020仕様)を十数台提供し、選手村内を巡回するバスとして選手や大会関係者の移動をサポートする。

e-Palette(東京2020仕様)の車両概要は以下の通り。

  • 快適な移動を実現するデザイン
  • 前後対称の箱型デザインを採用し、タイヤを四隅に配置することで室内空間を確保した。身長に関係なく利用できる手すりやシート、色弱者にも配慮し色の明度差をつけた床・内装トリム・シートなど、「Mobility for All」の体現を目指した。トヨタ、自動運転EV「e-Palette(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)」の詳細を発表

  • スムースな乗降を追求したパッケージ
  • 大開口スライドドア、低床フロア、電動スロープ、停留所への正着制御(※2)の採用により車椅子ユーザーを含めた複数人のスムースな乗降を実現した。ロングホイールベース、フラットフロアにより、最大4名の車椅子ユーザーの乗車を可能とした。トヨタ、自動運転EV「e-Palette(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)」の詳細を発表

  • 周囲や乗員の安全に配慮した低速自動運転
  • トヨタの車両制御プラットフォームに専用開発の自動運転システム(自動運転制御ハードウェアおよびソフトウェア、カメラやLiDARなどのセンサー)を搭載し、3Dマップと運行管理による低速自動運転を実現した(SAEレベル4相当)。周囲360°の障害物を常時検知し、周囲の状況に応じた速度で運行する。

    また、システム異常時には、車両に同乗するオペレーターが車両を停止できる緊急停止ブレーキを装備している。自動運転時に歩行者とコミュニケーションができるよう、車両の状況を周りに知らせるフロント及びリアのランプを採用した。トヨタ、自動運転EV「e-Palette(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)」の詳細を発表

※1 Autonomous Vehicle(自動運転車)とMaaS(Mobility-as-a-Serviceモビリティサービス)を融合させた、トヨタによる自動運転車を利用したモビリティサービスを示す造語。
※2 車両をバス停から最小限の隙間で停車させる制御。

Previous

日産・東北電力ほか3社、電気自動車を活用したバーチャルパワープラント構築に向けた「V2G実証プロジェクト」を継続実施

ぷらっとホーム、DHCPサーバー機能に特化したアプライアンス製品「EasyBlocks DHCP 2000/DHCP 4000」を発表

Next