KDDIが「KDDI Open Innovation Fund 3号」を通じてオプティマインドに出資、配送ビジネスへのAI導入を推進

株式会社オプティマインドは、配送センターから個人宅などへの配送ルートを最適化する独自のクラウドサービス「Loogia(ルージア)」を提供している。これにより複雑な現場制約を加味した配送計画の作成時間短縮や、駐車位置を考慮した効率的な配送ルートの作成が可能となり、配送コストの削減を実現する。

KDDIが「KDDI Open Innovation Fund 3号」を通じてオプティマインドに出資、配送ビジネスへのAI導入を推進
「Loogia」サービスイメージ

そして今回、KDDI株式会社は5G時代を見据え、有望なベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 3号」を通じてオプティマインドに出資した。KDDI Open Innovation Fundは、ベンチャー企業を広く支援するコーポレートベンチャーファンドである。現在活動しているKDDI Open Innovation Fund 3号は、運用総額約200億円規模で、AI、IoT、ビッグデータ、フィンテックを注力分野としている。

同出資は、KDDIグループが持つベンチャー企業ネットワークおよび知見を積極活用する投資プログラムの1つである「ARISE AI Fund Program」を通じて実施し、KDDIグループの株式会社ARISE analytics(以下、ARISE)とのビジネス共創を見据えた取り組みである。

なお、KDDIおよびARISEは、KDDIのビジネスIoTソリューション、ARISEのデータ分析技術、オプティマインドのルート最適化技術の3点を組み合わせた配送ソリューションを共同で開発中である。今後、小売業や飲食業、エネルギー業などさまざまな業界への展開を検討していく。また、KDDIは今回の出資を契機に、オプティマインドとMaaS領域においても連携を深め、新たな技術開発・事業共創を進める方針である。

Previous

オプティム、スマート農業の課題解決をワンストップで支援する「スマート農業プロフェッショナルサービス」提供開始

富士通とPersonetics、AI活用したパーソナライズドバンキングサービスの提供で協業

Next