ZTEとテリア・ソネラ、テレマティクスを皮切りにIOT分野で協力

モバイルインターネットのための通信技術と企業・個人向け技術ソリューションを提供するZTEコーポレーションは、北欧の通信事業者であるテリアソネラと共同でIOT市場を拡大する戦略的契約を2016年モバイル・ワールド・コングレスで締結した。

両社は今後、テレマティクスを皮切りにIOT分野で協力していく。無線通信モジュール、テレマティクス端末、ソリューションの開発に注力するZTE子会社のZTEWelinkが、このテレマティクス研究開発プロセスの大部分を担当する。

 

調印式に出席した、ZTE高級副総裁のジャッキー・チャン氏は、次のように述べている。

「ZTEの4G技術とテリア・センスの革新的なサービスを組み合わせることで、ユーザーは自分の車と拡大する機能エコシステムを完全に制御できるようになります。今日、コネクテッドカーは新しい高級モデルでのみ利用できますが、この製品を使用すれば基本的にすべてのお客さまがコネクテッドカーのメリットを享受できます。今回の契約は、新たなサービス群に対するIOT分野での当社の強い立場と接続デバイスに関する当社の能力を示すものです。」

 

【関連リンク】
ZTE
テリア・ソネラ(TeliaSonera)
ビジネスワイヤ

Previous

オープン・コネクティビティー・ファンデーションによりIoTエコシステムの規模が巨大化

KADOKAWA、ASCIIが贈るハードウエア/IoTのスペシャルイベント「IoT&H/W BIZ DAY by ASCII STARTUP」開催

Next