東急やJR東日本など、「観光型MaaS」の実証実験Phase2を伊豆で実施

東急株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社ジェイアール東日本企画は、鉄道、バス、AIオンデマンド乗合交通、レンタカー、レンタサイクルといった交通機関を、スマートフォンで検索・予約・決済し、目的地までシームレスに移動できる2次交通統合型サービス「観光型MaaS」の実証実験を、伊豆半島で「Phase1」として本年4月1日から6月30日まで実施した。

今回、伊豆の多客期である2~3月に合わせ、2019年12月1日から2020年3月10日までの101日間実施される、同実証実験の「Phase2」の内容を発表した。

「Phase1」では、専用MaaSアプリケーション「Izuko」が、当初想定を上回る23,231ダウンロードを獲得するなど、好調に推移した半面、ダウンロードの手間を含めた操作性や、サービスエリアの限定性、商品の幅、運用面など、多くの課題が浮き彫りになった。

これら「Phase1」での課題を踏まえ、「Phase2」では、「Izuko」の基幹部分を、ダウンロードが不要なWebブラウザシステムに切り替え、操作性や運用性を改善する。その他の拡充内容は以下の通り。

  • デジタルチケットの内容を拡充
    • デジタルフリーパス
      フリーエリアにJR伊東線(熱海駅~伊東駅)の区間が加わったほか、熱海市内のバス乗り放題チケットなど新たに4種類が加わり、計6種類を発売する(Phase1では2種類)。
    • デジタルパス
      新施設が加わった全12種類の観光施設入場券のデジタルパス(Phase1では7種類)のほか、下田市内で運行するAIオンデマンド乗合交通のチケットや伊豆各地で使える観光体験チケットを発売する。
  • AIオンデマンド乗合交通
    運行範囲が大幅に拡大。観光施設、行政機関、病院、宿泊施設など11カ所が増え、27カ所の停留所で運用する(Phase1では16カ所)。また、地元住民向けに、TVの操作だけでAIオンデマンド乗合交通が簡単に配車できる仕組みを試行する。
  • その他の機能充実
    • 経路検索機能の充実(鉄道、バスに加え、飛行機、船舶が検索対象に追加)
    • 予約機能の充実(レンタサイクル「伊豆ぽた」のサービスを、伊豆高原駅に加え伊豆急下田駅でも試行)

【関連記事】
東急電鉄・JR東日本など、「観光型MaaS」実証実験のPhase1を終了
東急電鉄とJR東日本等、伊豆での「観光型MaaS」実証実験Phase2を実施

Previous

LINE、LINEを活用したデジタル販促のコア機能をオープン化したAPIを提供開始

広がるデータ連携基盤「FIWARE」によるスマートシティへの取り組み ―NECインタビュー

Next