KDDI・東海大学など、5Gを活用して南阿蘇地域をドローン視点で飛行体験する観光サービスの実証試験を実施

熊本県の南阿蘇地域は、阿蘇山や絶滅危惧種であるハナシノブなどの群生地、熊本地震の被害を受けた東海大学校舎をはじめとする震災遺構など、観光資源を多数有している。一方で、火口付近のガス濃度や火山活動の状況によってしばしば入山が規制される阿蘇山や崩落の危険などがある震災遺構は、観光客が容易に立ち入ることができず、南阿蘇の魅力を十分に伝えることができないといった課題がある。

そこで、KDDI株式会社、学校法人東海大学、株式会社エア・カメラ、熊本県阿蘇郡南阿蘇村は、ドローンエンジニアチーム Agridの協力のもと、2019年12月6日から12月13日の間、道の駅 あそ望の郷くぎのにて、5Gを活用して南阿蘇地域の観光スポットをドローン視点で飛行体験する観光サービスの実証試験を実施した。合わせて、ドローンに搭載した4Kカメラの映像を5Gで伝送し、その映像を見ながらリアルタイムにドローンを制御する実験を実施した。

同試験では、道の駅 あそ望の郷くぎのに5Gエリアを構築し、2機のドローンに搭載した360度カメラで撮影した映像を、5Gを活用してVRゴーグルに伝送し、ドローンの視点で南阿蘇の景色を眺望する検証を行った。

さらに、ドローン視点のライブ映像をVR観光ポータルとして活用し、事前に収録した南阿蘇のさまざまな観光スポットの映像を組み合わせ、人が立ち入れないエリアも含めた南阿蘇のVR映像を体験者が自由に切り替えて楽しむ観光体験の検証を行った。複数の5Gドローンから360度VR映像のライブ伝送が可能になることで、遠隔地に対しても南阿蘇地域の魅力を発信するなど、観光誘客への活用が期待される。

KDDI・東海大学など、5Gを活用して南阿蘇地域をドローン視点で飛行体験する観光サービスの実証試験を実施
南阿蘇・震災遺構VR観光

加えて、5Gと超低遅延4K伝送システム(※)を活用し、低遅延コーデックと4Kカメラを搭載したドローンから撮影した4K映像を、地上に設置したモニターに低遅延で伝送し、その映像を見ながらリアルタイムにドローンを制御できることを確認した。低遅延の4K映像を見ながら機体の制御が可能となることで、空を飛び回る飛行体験による地域の観光振興への活用に加え、災害現場の迅速な状況把握など、防災・減災への貢献が期待される。

KDDI・東海大学など、5Gを活用して南阿蘇地域をドローン視点で飛行体験する観光サービスの実証試験を実施
4K映像を用いた5Gドローンの制御

同試験における各者の役割は以下の通り。

  • KDDI
  • 同試験の実施・推進、5Gエリアの設計・構築、および映像伝送システムの構築

  • 東海大学
  • 同試験の実施アイディア提案

  • エア・カメラ
  • 観光スポットのVR映像制作、360度カメラ搭載ドローンの操縦、VR観光システム・5Gドローンの制御システムの提案・構築

  • 南阿蘇村
  • 同試験の実施場所の提供

  • Agrid
  • 4Kカメラ搭載ドローンの操縦、VR観光システム・5Gドローンの制御システムの構築

なお、同試験は総務省の5G総合実証試験の一環として実施された。

※ 映像を構成する画面を適切なサイズで細分化。この分割画面単位で発生ビット数の平滑化を行うことにより、エンコーダ・デコーダ双方のバッファサイズを最小化。さらに、5G回線の特性を分析した上で、伝送遅延に影響を及ぼすFEC(誤り訂正符号)の適用単位を必要最低限のサイズに抑えることで低遅延を実現。

Previous

IDC、2020年の国内IT市場においてDXの進展やローカル5G等の10項目が主要になると発表

ソフトバンク、独居高齢者の生活を守る「みまもりサービス」を提供開始 「MaBeeeみまもり電池」の活用も  

Next