KDDIと渋谷未来デザイン、au 5Gをエンタメ領域で活用する体験イベントを開催

KDDI株式会社、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会は5Gを活用して、渋谷区が推進する創造文化都市事業への貢献を目的とした「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」を、東急株式会社、株式会社パルコ、株式会社ベイクルーズなどの32社・団体とともに2020年1月24日より開始した。

同プロジェクトは「au 5Gで渋谷の街を創造文化都市へ」という理念に賛同した企業等が参画し、au 5Gを利用したアートや音楽、ファッションといったエンターテイメントなどの渋谷で形成されてきた文化を深化させていくという取り組みを行っている。

KDDIと渋谷未来デザイン、au 5Gをエンタメ領域で活用する体験イベントを開催
32社の参画団体・企業一覧

今回の取り組みについて渋谷区長 長谷部健 氏は、「2020年はオリンピック・パラリンピック、明治神宮の100周年など、渋谷区にとって様々なイベントや行事がある年だ。各企業・団体と協力し、多様な人達が性別や国籍や様々なものを越えて混じり合いながら、新しい価値文化を世界に発信する街づくりを推進していく。」と述べた。

また、KDDI株式会社取締役 執行役員常務 森田圭 氏は「KDDIは渋谷区でau5Gを積極的に展開していきたいと考えている。渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトを通じて、渋谷区の創造文化都市の形成に向けて様々な取り組みを行っていきたい。」と述べた。

KDDIは、今回の取り組みで得た知見などをプラットフォーム化し他の自治体などに提供していくことを検討している。

KDDI ビジネスアグリゲーション本部 アグリゲーション推進部長 繁田光平 氏は質疑応答の中で、街というリアルの空間へアプローチをしていくことについて「同社は『リアルの世界がデジタル化する』をキーワードとしている。これから様々なモノに通信が備わりリアルの世界がデジタル空間上に再現されていくことで、AR等のサービスが利用できるようになる。また、auはリアルの場、人が集まる場所をもっと楽しく、熱量を増幅していく取り組みをすることがauらしいと考えているため、リアルの空間である街に注目している。」と述べた。

また、具体的な企画などは2020年春頃に順次発表していくとのこと。

「au 5G」を活用したXR体験イベント

KDDIと渋谷未来デザイン、au 5Gをエンタメ領域で活用する体験イベントを開催

「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」では2020年1月24、25日に、渋谷駅ハチ公前広場に5G可搬型基地局を設置し、一般社団法人1964 TOKYO VRの協力のもと、1964年の渋谷駅前を再現したCGをARで表示し、当時と現在を比べることが出来るというXR体験を実施した。

会場の上部に設置された5G可搬型基地局と会場で貸し出された5G端末で5Gの通信速度を体験することが出来た。

KDDIと渋谷未来デザイン、au 5Gをエンタメ領域で活用する体験イベントを開催
会場に設置された5G可搬型基地局
KDDIと渋谷未来デザイン、au 5Gをエンタメ領域で活用する体験イベントを開催
会場で貸し出された5G端末

今回の体験で使用したARのデータを4Gでダウンロードした場合1分ほど時間を要するが、会場の5Gではおよそ4秒でダウンロードが完了した。

AR体験の様子

また、渋谷駅前「青ガエル」では2020年1月24日~3月31日まで、AI店員による接客や、渋谷におけるau 5G取り組み案内や拡張体験施策のガイドなど、未来の観光案内をイメージした実証実験を開催している。

Previous

NTTPC、IoTやDXを視野に入れた5Gネットワークを利用したSD–WANの実証実験結果を発表

LINEで家電操作ができる「Clova Bot」提供開始

Next