Googleの人工知能囲碁プログラム「アルファ碁」、囲碁の最強棋士を破る

Googleは、人工知能部門であるDeepMindが開発するAlphaGo(アルファ碁)が、過去10年間で最強の棋士といわれる韓国の李世ドル九段との5局の結果を公式ブログで発表した。

【第一局 3月9日】
アルファ碁:白番 消費時間:1時間54分
李世ドル氏:黒番 消費時間:1時間31分
結果:手数186、白番(アルファ碁)の中押し勝ち

アルファ碁:1勝
李世ドル氏:1敗

【第二局 3月10日】
アルファ碁:黒番 消費時間:2時間超
李世ドル氏:白番 消費時間:2時間超
結果:手数211、黒番(アルファ碁)の中押し勝ち

アルファ碁:2勝
李世ドル氏:2敗

【第三局 3月12日】
アルファ碁:白番 消費時間:1時間51分
李世ドル氏:黒番 消費時間:2時間超
結果:手数176、白番(アルファ碁)の中押し勝ち

アルファ碁:3勝
李世ドル氏:3敗
※3局目でアルファ碁の勝越しが決定

【第四局 3月13日】
アルファ碁:黒番 消費時間:1時間59分6秒
李世ドル氏:白番 消費時間:2時間超

結果:手数180、白番(李世ドル氏)の中押し勝ち

アルファ碁:3勝1敗
李世ドル氏:1勝3敗

【第五局 3月15日】
アルファ碁:白番 消費時間:2時間超
李世ドル氏:黒番 消費時間:2時間超

結果:手数280、白番(アルファ碁)の中押し勝ち

アルファ碁:4勝1敗
李世ドル氏:1勝4敗

 

結果、人工知能が勝利するにはまだ10年先と考えられていたが、アルファ碁は4勝をあげ、それ大きく縮めることとなった。

今回の賞金100万ドルはUNICEF、STEM (科学・テクノロジー・工学・数学) チャリティー、囲碁団体に寄付するとGoogle DeepMindは発表している。

 

【関連リンク】
GoogleのAIが、囲碁のプロ棋士に勝利(2016年1月29日)
google Japan Blog

Previous

温室内環境遠隔モニタリングサービス「みどりクラウド」のセラク、長崎県南島原市に、新たに農業IT研究開発拠点を開設

NTTスマイルエナジーの「エコめがね」、新電力向けの新プラットフォームを開発し、日本エコシステムの「じぶん電力」に採用

Next