ぷらっとホーム、置くだけでリモートオフィス環境になる「EasyBlocks Remote Office」に無線対応子機を追加

ぷらっとホーム株式会社は、2020年4月にネットワーク・アプライアンス製品シリーズ「EasyBlocks」の新ラインナップ「EasyBlocks Remote Office」を発表している。

同製品は、会社と自宅に置くことでテレワーク環境が構築できるアプライアンス製品だ。コンパクトサイズの「親機」、手のひらサイズの「子機」から構成され、親機は会社のネットワークに、子機は自宅のインターネット回線とパソコンにつなぐことにより、社内のネットワークにアクセスできるようになる。

2020年4月に発表して以降、テレワークへの移行が急務である利用者より多数の問い合わせがあったが、これまで子機は有線LANに対応したモデルのみで自宅内に無線LAN対応のPCしかないケースでは同製品の導入は困難だった。

今般、ぷらっとホームはEasyBlocks Remote Officeのラインナップに無線対応子機を新たに追加し、2020年7月1日より順次出荷を開始する。これにより、会社にリモートアクセスしたい自宅PCは有線・無線LAN問わず接続できるようになり、より利用しやすくなる。

ぷらっとホーム、置くだけでリモートオフィス環境になる「EasyBlocks Remote Office」に無線対応子機を追加
有線対応子機と無線対応子機を使ったリモートオフィス環境の構築例
なお、EasyBlocks Remote Officeの価格は以下の通り(全て税抜価格)。

製品本体

  • EasyBlocks Remote Office 親機:298,000円
  • EasyBlocks Remote Office 有線対応子機:39,800円
  • EasyBlocks Remote Office 無線対応子機:27,800円(新規追加)

オプション

  • 親機出荷時設定サービス:29,800円より(作業内容により変動有り)

サブスクリプション(保守サービス)(初年度は製品本体の価格に含まれる)

  • EasyBlocks Remote Office 親機1年更新:35,000円
  • EasyBlocks Remote Office 有線対応子機1年更新:4,980円
  • EasyBlocks Remote Office 無線対応子機1年更新:3,980円(新規追加)

【関連記事】
ぷらっとホーム、設定不要でテレワーク環境が構築可能なアプライアンス製品を発売

Previous

OKI、AIとIoTセンサーを活用した可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を販売開始

IDC、2019年~2024年国内第3のプラットフォーム市場は年間平均成長率6.0%で成長と予測

Next