京阪電鉄不動産とショウタイム24、住戸の内見を非対面で行える「無人内見システム」を開発

京阪電鉄不動産株式会社とIoTを活用した不動産案内システムを開発するショウタイム24株式会社は包括業務提携を行い、住宅・事務所等へのスマートロック導入に関する商品企画及びスマートロックを活用したお客様への案内・販売方法につき、共同開発を進めている。

その一環として、住戸の内見を非対面で行える「無人内見システム」を開発、加えて「WEB申込」「IT重要事項説明」まで全て非対面で行えるスキームを構築し、名古屋市内の賃貸マンションへの導入を端緒に賃貸事業への本格的な展開を開始した。

無人内見システムは、HP上で希望の物件や希望の時間に内見を予約し、予約した日時に直接現地を訪問、スマートフォンに表示される開錠ボタンをタップし、物件ドアのスマートロックを開錠するといった非対面で内見できるシステムである。内見後、入居の申込からIT重要事項説明まで全てオンラインで手続きが可能となる。
京阪電鉄不動産とショウタイム24、住戸の内見を非対面で行える「無人内見システム」を開発
2020年5月には「沿線再耕」をテーマに京阪沿線都市部エリアで事業を展開している「まちなかホーム」にも無人内見システムを導入しており、賃貸マンションから戸建住宅まで総合的に拡大展開している。

両社は今後、「内見予約」から「契約」までを非対面で完結できる次世代の接客・販売システムの拡大を目指している。

Previous

スマートドライブとソラコム、プラットフォーム間連携と協業ソリューションの開発を開始

東芝デジタルソリューションズ、アセット統合データ基盤を搭載したIoTクラウドサービスを提供開始

Next