トヨタとLIXIL、移動型バリアフリートイレ「モバイルトイレ」を共同開発

近年、公共施設では車いす使用者を含めたさまざまな身体状況の方が利用できる多機能トイレの整備が進んでいるが、未だ十分とは言えないのが現状である。

トヨタ自動車株式会社と株式会社LIXILは、車いす使用者が外出先で使用できる移動型バリアフリートイレ「モバイルトイレ」を共同開発した。

車両の前後方には遠くから認識できるよう大きな多機能トイレマークを配置し、超低床車体の設計によって出入口への動線はなだらかなスロープを実現している。車内は車いすが回転しやすい空間を確保し、手すりの備わった大便器など車いす使用者にとって必要な機能を兼ね備えている。また、多目的に使えるユニバーサルシート(大型ベッド)や車いす使用者がより快適にトイレを利用するために、自分で衣服を整えたり介助者が待機できる前室が用意されている。

同開発にあたり、パラアスリートや福祉工学の専門家、被災経験のある自治体関係者、さまざまな理由で車いすを使用することになった人にヒアリングを実施している。その結果「介助者の手を借りずに一人で乗り込みたい」「上半身が元気そうでも、オムツ替えが必要な場合がある」「気分が悪い時に、横になれると有難い」などの声が挙がった。

快適・衛生的な多機能トイレを車両に搭載し、けん引により自由に移動して設置することで、各種イベント参加やスポーツ観戦など、車いす使用者の外出の可能性を広げる。

移動型バリアフリートイレ「モバイルトイレ」コンセプトムービー
Previous

博報堂と三井物産、生活者共創型のまちづくりサービス「shibuya good pass」の実証実験を渋谷で実施

MoT・KDDI他3社、東京都「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」にて5Gを活用した自動運転タクシーの実証実験を実施

Next