Bodygram Japan、AI採寸テクノロジーを搭載したアプリ「Bodygram」において3Dアバターによる体型トラッキング機能を提供開始

企業:

全世界で蔓延する新型コロナウイルスの影響により、人々のライフスタイルが変化したことで、健康管理・ヘルスケアへの関心は非常に高まりをみせている。おうち時間を活用し自宅でトレーニングを試みる人も格段に増え、遠隔でヘルスケアに取り組める仕組みも多様化している。

Bodygram Japan株式会社は、自社開発のAI採寸テクノロジーを搭載したアプリ「Bodygram」の更なる活用を見据え、大型アップデートとして3Dアバターによる体型トラッキング機能を提供開始する。順次、App store及びGoogle Play storeにてアップデート版を利用できる。

Bodygramは、年齢・身長・体重・性別を入力した後、AIの学習機能を用いることで、服を着たままスマートフォンで正面と側面の写真を撮影するだけで被写体のボディラインを自動で検出し、腹囲・肩幅・手足の長さなど全身24か所を推定採寸することができる。

今回追加された新機能は、採寸したデータを元に身体の形状をアプリ上で3Dアバターとして視覚化し、複数回採寸後データが蓄積されると、体型トラッキング機能にて体型の変化をアバターが伸縮することでより直感的に確認できるようになった。3Dアバターで生成されたイメージは、アプリ上での回転やズームイン・アウトすることで普段は見ることのできない角度から自身の体型を客観的に観察・分析することもできる。

従来は数値情報のみで提供されていた体のサイズ情報が3Dイメージ化されたことで、より具体的に自分の身体の形状を把握し、トレーニングやダイエット、体調管理にも活用できる。

また、コロナ禍で熱視線が注がれる遠隔医療、需要が急加速するおうちフィットネスにおいても、Bodygramを使用すればスマートフォン1つで体型変化の様子を記録・管理できる。加えて、ユーザーを推定採寸し3Dアバター化することで、採寸だけでなくエンターテインメント性も付加価値として提供出来ると考え、ヘルスケアやフィットネス領域はもちろん、将来的にはゲーミング等での活用も見込んでいるという。

Previous

ウェザーニューズ、企業向け気候変動リスク分析サービス「Climate Impact」を提供開始

IDC、IoTデバイス/センサーから収集したデータをIoTエッジに集積して効率的に分析させる企業が増加していると発表

Next