ウェザーニューズ・KDDI・国際航業、災害時の複数のドローンを用いて被害状況把握等を想定した実証実験を実施

東日本大震災の発生から10年が経過し、全国の消防本部や自治体での情報収集や意思決定の支援など、災害対応においてもドローンの導入が進んでいる。しかし、災害発生の直後は、ヘリコプターなどの有人機が現場上空を飛び交うため、有人機とドローンやドローン同士の衝突リスクが特に高まる。

加えて、2022年度に政府が実現を目指す市街地など有人地帯の上空で目視外飛行を行えるレベル4運航においては、運送・警備など様々な用途でドローン運航を担う事業者が自社のドローンを管制するシステムが必要となる。

株式会社ウェザーニューズとKDDI株式会社、国際航業株式会社は、「KDDIスマートドローン」の管制システムを用いて、同時に複数ドローンの飛行管制を行う実証実験を2021年3月6~7日に実施した。

同システムは、ドローンの運航事業者が保有する複数のドローンを同時運航する際に、管理者がドローン同士の衝突回避などの管制を行うためのシステムである。KDDIスマートドローンや他の制御システムで運航する全国のドローンおよび、ウェザーニューズが保有する全国のヘリコプターなどの有人機情報を集約することで、例えば事業者が配送や巡回警備などで複数のドローンを運航する場合でも各事業者間が連携し、お互いのドローンを安全に運航することができる。

同実証実験では、災害時における同システムの有用性を検証するため、国際航業が南海トラフ地震および津波による災害後の調査活動を想定したシナリオを策定して、KDDIスマートドローンの管制システムを用いて実機によるドローンの運航及び調査活動を三重県志摩市の国府白浜海岸で実施した。

ウェザーニューズは、独自の小型動態監視システム「FOSTER-CoPilot」を搭載したヘリコプターの仮想の位置情報を共有し、管制システム上で一元管理し、実施した。また、ドローンポートに設置した独自の高性能気象IoTセンサー「ソラテナ」の観測データと、独自のヘリコプター向け運航管理システム「FOSTER-GA」により気象・運航監視を行った。

さらに、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が保有する仮想ドローンや仮想ヘリの運航情報も連携し、仮想のヘリコプターとの衝突回避や安全運航の検証を実施した。

ウェザーニューズ・KDDI・国際航業、災害時の複数のドローンを用いて被害状況把握等を想定した実証実験を実施
「KDDIスマートドローン」管制システムの画面

なお、同実証実験は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構からKDDI及び株式会社パーソルプロセス&テクノロジーが受託した「無人航空機の運航管理システム及び衝突回避技術の開発/地域特性・拡張性を考慮した運航管理システムの実証事業」の一環で実施された。