ゼネテックとBIRD INITIATIVE、次世代産業DXを加速させるデジタルファクトリー・ソリューションで協業

近年、製造・物流現場ではデジタル技術やロボット技術などの最新生産設備を導入し、生産効率向上と省人化に力が注がれている。しかし、取り組みやすい部分のみの局所最適な設備導入・デジタル技術活用にとどまり、工場・倉庫全体の生産性向上の観点からは、十分な成果が得られないという問題も散見される。

生産設備の能力を十分に引き出し、工場・倉庫全体の生産効率を上げていくためには、全ての工程やラインを精度高くシミュレーションし、投資対効果を最大化する効果的な生産設備計画策定を短期間で実現することが必要であり、そのことが各社の経営力を高めることにもつながる。

株式会社ゼネテックとBIRD INITIATIVE株式会社(以下、BIRD)は、次世代産業DXを支えるデジタルファクトリー・ソリューションを構築し、国内およびグローバルに展開していくため協業した。このソリューションを支える技術は、ゼネテックが持つ、工程見せる化3Dシミュレーションソフト「FlexSim」とBIRDが持つシミュレーションとAI融合製品「assimee」を統合することで実現を図る。

FlexSimは、製造ラインや加工プロセス、物流現場、医療現場、商業施設などの様々なシミュレーションモデルを、直感的な作業と非常に軽量な3Dグラフィックで構築し、人・モノの流れを計算する3Dシミュレーションソフトである。機械や作業員の稼働率・作業負荷、作業時間などの情報を円グラフや折線グラフ(ダッシュボード)を使って一元的に表示する。

これにより、企業は自社または顧客の工場の生産ラインや倉庫の配置を見える化し、課題の発見から最適化するために必要なデータを得て、配置や工程改善の見せる化まで実現する。

一方のassimeeは、デジタルツインを活用し生産ラインや倉庫の配置の最適な設計、構築、運用を実現するAIソリューションである。日本電気株式会社と国立研究開発法人が共同開発したAIシミュレーション融合技術をベースとしている。

シミュレーションソフトは、工場の生産ラインや倉庫の配置を「見える化」する一方、設定するパラメータが多く、現実世界を再現するためには多くのデータが必要、現実世界を再現してからもパラメータの組み合わせが膨大で最適解を見つけ出すのに時間と労力がかかっていたが、assimeeは少ないデータから現実を再現し、KPIを最大化するようにパラメータ群を自動調整することで、これらの課題解決を支援する。

今回、FlexSimとassimeeをハイブリッド化し、デジタルツインを駆使した生産効率評価・モニタリング、生産ラインの最適な設計と構築、および実運用における効率的設備稼働を実現させるデジタルファクトリー・ソリューションを提供することが可能となる。

これらのソリューションは、企業のニーズに合わせてカスタマイズや組み合わせ、チューニングが可能だ。例えば、 新規に生産工場を立ち上げて最新生産設備導入を図るケースや、既存の生産工場の老朽化設備を新しい生産設備に入れ替えるケースなどにおいて、今後の生産設備導入計画策定や生産効率改善のサポートを提供する。

また、ゼネテックとBIRDが開発する技術製品はデジタルファクトリーの重要な構成要素の一つとして機能し、MESやAPSなどの上位のERPとの連携を可能とするインターフェースも整備していく。これらにより両社は製造・物流分野における次世代DXのAutonomy(※)成熟ステージをもう一段進化させるとともに、グローバルに拡販を推進する。

※ Autonomy:シミュレーションと自律的学習により最適な効率モデルを算出して適用する機能。