ソラコムとインフォコーパス、クラウド連携サービス「SORACOM Funnel」がユニバーサルIoTプラットフォーム「SensorCorpus」に対応

株式会社インフォコーパスが提供するユニバーサルIoTプラットフォーム「SensorCorpus」が、株式会社ソラコムのIoT通信プラットフォーム「SORACOM」が提供するクラウド連携サービス「SORACOM Funnel」のPartner Hosted Adapterに対応したことを発表した。

SORACOM Funnelは、IoTデータをスムーズに特定のクラウドサービスに連携するサービスで、SORACOM上で各クラウドサービス連携に必要なIDなどの認証情報を保管・付与する。これにより、デバイス側への認証情報の設定が不要となり、システム開発にかかる期間を短縮しながら、セキュアなデータ活用を実現する。

また、AWS、Microsoft Azure、Google Cloudの各サービスに連携するほか、Partner Hosted Adapterでは、SORACOMの認定パートナーの提供する、業界や用途に最適化されたデータ分析基盤や可視化のソリューションとの連携に対応している。

一方、SensorCorpusは、様々な用途のセンサーのデータの違いをとりまとめてひとつのデータ基盤で可視化、分析できるようにする、IoTのためのサービスプラットフォームである。製造業、農業、エネルギー業界、モビリティ業界などの各種装置の管理・制御で活用されている。

今回、SensorCorpusがSORACOM FunnelのPartner Hosted Adapterに対応したことにより、Webコンソール上で簡単な設定を行うだけで、SensorCorpusへデータを転送することができる。これにより、データを送信するために必要なゲートウェイ上のプログラム開発やキッティングのコストを軽減し、より短期間でIoTシステムを実装することが可能となる。

ソラコムとインフォコーパス、クラウド連携サービス「SORACOM Funnel」がユニバーサルIoTプラットフォーム「SensorCorpus」に対応
SORACOM Funnelの設定画面
ソラコムとインフォコーパス、クラウド連携サービス「SORACOM Funnel」がユニバーサルIoTプラットフォーム「SensorCorpus」に対応
SORACOM Funnel機能を使ってSORACOM IoTストアで販売しているラトックシステム株式会社のLTE-M CO2センサー RS-LTECO2 スターターキットのデータを送信、SensorCorpusのダッシュボードで表示