KDDI、32カ国とデータ転送が可能になるIoTワイヤレスルーター「AMT5500」の提供を開始

KDDIは、AM Telecomと共同でIoTワイヤレスルーター「AMT5500」を開発し、2021年8月26日から提供開始する。

「AMT5500」は、国内外でIoT事業を展開するユーザー向けの製品で、ユーザーが保有するLANポートがある各種制御装置とEthernetで接続し、グローバルIoT通信サービス「グローバルIoTアクセス」のSIMを利用することで、世界32の各国とすぐにデータ転送が可能となる。

KDDI、32カ国とデータ転送が可能になるIoTワイヤレスルーター「AMT5500」の提供を開始
2021年8月時点での利用可能対地。

機能に関しては、通信の再接続や自動復旧するなどのフェイルセーフ機能や、リモートアクセスにおける設定変更などを搭載している。

そして日本国内に加え、KDDI現地法人が所在する海外拠点での契約・納品についても対応可能だ。