ロボット学者の石黒浩氏、大学発ベンチャー「AVITA株式会社」を設立

企業:

ロボットやアバターの研究開発を行ってきた、大阪大学大学院基礎工学研究科教授の石黒浩氏が、大学発ベンチャー「AVITA株式会社」を設立したことを発表した。

AVITAは、石黒氏のこれまでの研究成果や、今後石黒氏が関わるムーンショット型研究開発制度や大阪・関西万博などの様々なプロジェクトの研究成果を、社会に実装するために設立された。

また、AVITA設立に伴い、大阪ガス株式会社、株式会社サイバーエージェント、塩野義製薬株式会社、凸版印刷株式会社、株式会社フジキンより、5.2億円の資金調達を実施したことを発表した。