イトーキ、働き方の見える化や座席予約などでパフォーマンス向上を支援するサービス「Workers Trail」の販売開始

株式会社イトーキは、2018年に開設された本社オフィス「ITOKI TOKYO XORK」にて、社員の位置情報やオフィス利用データをもとに分析を行い、見える化や働き方の習慣づけを行うという取り組みを行なってきた。

そして本日イトーキは、株式会社WHEREのIoTセンサーを活用して位置情報を取得し、見える化するシステムを本社オフィス「ITOKI TOKYO XORK」に実装するとともに、新サービスとして「Workers Trail(ワーカーズトレイル)」を、2021年11月2日より提供を開始することを発表した。

「Workers Trail」は、WHEREのIoTセンサー「EXBeacon」と、それを活用した働き方支援アプリ「EXOffice」をベースに構成し、イトーキが機能を一部カスタマイズしたアプリケーションだ。

誰が、どこにいるかが一目でわかるワーカーズマップや、オフィスでの在席率管理などのデータ分析機能、オフィスの座席を予約できるホテリング機能を提供する。

イトーキ、働き方の見える化や座席予約などでパフォーマンス向上を支援するサービス「Workers Trail」の販売開始
「Workers Trail」の主なサービス概要。

また、本社オフィスでの実証実験では、IoTセンサーを約400台設置し、約900名の勤務者を対象にオフィス内での行動履歴を測定。支給されているスマートフォンを持ち歩くだけでオフィス内での在席状況をリアルタイムで把握し、得た知見をサービスに反映していくという。

今後は、データ分析機能を発展させたサービスとして、イトーキが提供するアンケートサービスである「パフォーマンストレイル」で得られたワーカーの主観的なデータと複合的な分析を行い、コンサルティングサービスの提供を予定している。