KDDI、次世代ファイアウォールと統合監視コンソールをパッケージ化したクラウド型サービスを法人向けに提供を開始

KDDIは、2010年にパロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール「Prisma Access」を、ネットワークセキュリティサービスの主要コンポーネントとして採用している。

そうした中KDDIは、「Prisma Access」と統合監視コンソール「Panorama」をパッケージ化した、クラウド型サービス「ゲートウェイセキュリティpowered by Prisma Access」を、2022年3月14日より法人向けに提供する。

「ゲートウェイセキュリティpowered by Prisma Access」は、拠点間通信とリモートアクセス双方に対応可能なネットワーク機能と、アンチウイルスやDNSセキュリティ・URLフィルターなどのセキュリティ機能をクラウド上で提供するサービスだ。

KDDI、次世代ファイアウォールと統合監視コンソールをパッケージ化したクラウド型サービスの提供を開始
「ゲートウェイセキュリティpowered by Prisma Access」の構成図。

どこからでも 「Prisma Access」 を経由することができ、社内システムやIaaS・SaaSなどの通信がセキュリティを担保された上での利用が可能だ。

また、ユーザ自身での設定やログの一元管理が可能な統合監視コンソール「Panorama」も利用することができる。

運用体制としては、パロアルトネットワークス株式会社が専用の運用チームをKDDI向けに構築し、2社間の連携体制をとることでサポートを行う。なお、初期構築からバージョンアップ対応までKDDIが実施する。

KDDI、次世代ファイアウォールと統合監視コンソールをパッケージ化したクラウド型サービスの提供を開始
2社間の連携体制でのサポートを行う。