ウェザーニューズ他3社、AIと衛星の観測データから得た海氷情報を活用した船舶の運航支援へ向け共同実証を開始

海水が凍結してできた氷「海氷」が存在する海域や港における船舶の運航では、海氷との衝突による海難事故や、航路変更による到着遅延等のリスクがあるため、より高精度で即時の海氷情報が必要とされている。

そこで、株式会社ウェザーニューズ、株式会社QPS研究所、九電ビジネスソリューションズ株式会社及び九州電力株式会社は、AIと衛星の観測データから得た高精度な海氷の大きさや、分布等の情報(以下、海氷情報)を活用した船舶の運航を支援するサービスを提供するため、2022年8月9日に覚書を締結し共同実証を開始した。

この実証で4社は、衛星の観測データをAIで分析して海氷情報をマッピングし、現地の実際の状況や既存のサービスと比較することで、海氷情報の精度や有用性を検証する。

ウェザーニューズ他3社、AIと衛星の観測データから得た海氷情報を活用した船舶の運航支援へ向け共同実証を開始
共同実証のイメージ

今後4社は、今回の実証で得た知見を元に、衛星の観測データやAI分析などを活用することで、船舶の運航の実現に貢献していくとしている。